大学教授の講演料はどれくらい?

大学教授は講演に呼ばれることもある

講演はメジャーな副業のひとつ

大学教授は副業をすることが認められています。

そのため、執筆活動をおこなったり、ニュースやワイドショーなどのテレビ番組に出演したりして活躍する人もいます。

そのほかの大学教授の副業としては、臨時講師をするというものもありますが、講演会などで話をして講演料をもらうというものもあります。

講演会などで大学教授をよく見かけるのは、講演が大学教授のメジャーな副業のひとつだからです。

ただし、講演は授業をするのと勝手が異なり、専門外の一般の人にわかりやすく、興味を起こさせるような話をしなければならないため、大学教授によって人気のある・なしがはっきりしています。

講演のオファーを受けるには許可が必要

大学教授にとって講演はメジャーな副業ではありますが、企業などから依頼を受ける際は許可が必要となるのが一般的です。

大学教員の副業に関しては大学ごとに規定が定められており、私立大学よりも国立大学のほうが、制約が多い傾向にあります。

たとえば、講演依頼を受ける際は学長へ申請して許可を得る、副業ができる規定時間を超えてはいけない、大学入試対策をおこなう塾や予備校などの講師になってはいけないなど、学校によりさまざまですが、こうした規定が定められています。

大学教授の講演料はどれくらい?

講演料の目安は1回10万円

大学教授の講演料には基準になるものや、決められたものはありません。

ただし、大学教授と講演を望む人とのマッチングや仲介をおこなうサービスがあり、多くの大学教授がそのようなサービスに登録しています。

そのサービスでの講演料は「1回10万円」というのがひとつの基準になっており、それが講演料の目安になっているようです。

ただし、そうしたサービスからの依頼により講演をおこなう以外にも、知人から依頼を受けるケースもあります。

そうした場合は、1回数万円など、心づけ程度の料金になることもあります。

また、企業ではなく市民講座やカルチャースクールからの依頼の場合も、90分で3万円ほどと平均よりは少額になるようです。

講演料で稼ぐ大学教授もいる

大学教授のなかにも話がわかりやすく面白い人もいれば、そうでない人もいますし、テレビで活躍して知名度の高い大学教授もいます。

大学教授によって講演料は人によって大きく異なり、テレビに出演するような人気教授の場合、60分から90分の1回講演の講演料が50万円以上にもなることもあります。

講演やテレビ出演などの副業で稼ぐタレント教授になるには、話がうまかったり、テレビ映りがよかったり、好感度があるなど、研究者や学者としてのスキル以外の才能が求められるでしょう。

講演にかかる雑費の考え方

大学教授のなかには講演のために全国を飛び回っている人もいます。

遠方で講演の依頼がある場合の宿泊料などの雑費は、基本的に主催者が負担します。

交通費に関しても主催者の負担になることが多く、講演料の中に含まれている場合と、別途支払われる場合があるなど、さまざまです。

また、講演時間によっては食事の用意がされる場合もあります。