養護教諭に必要な資格・免許は? 1種と2種の違いは?

養護教諭」の免許状が必要

学校の保健室で児童・生徒の健康管理に関わる仕事に従事するためには、「養護教諭」の免許状が必要です。

この免許状を取得する一般的な方法は、大学や短大で、養護教諭を養成するための必要科目を修得することです。

養護教諭の免許状には「1種」「2種」「専修」という3種類があります。

それぞれ大学、短大、大学院を卒業(修了)し、所定の単位を修得することで取ることができます。

免許状を授与されても、すぐに保健室の先生として勤務できるわけではありません。

公立学校の養護教諭になりたい場合、各地の教育委員会が行なう教員採用試験に合格し、採用されなければなりません。

私立学校で働く養護教諭になりたい場合には、その学校を運営している学校法人の実施する試験を受け、合格する必要があります。

ただし、これらの試験に不合格であっても、期限付任用での常勤講師あるいは非常勤講師として採用されることもあります。

養護教諭免許状の1種と2種の違いは?

繰り返しになりますが、養護教諭免許状には「1種」「2種」「専修」の3種類があります。

このうち養護教諭として働く人の多くが、4年制大学で取得できる「1種」もしくは2年制の短大で取得できる「2種」を持っています。

どちらの免許状を持っていても、養護教諭になってからの仕事内容に違いはありません。

しかし、仕事内容以外でいくつか違いが出る部分がありますので、以下に紹介します。

取得方法の違い

在学期間が2年違えば、当然、学習内容の深さや広さが異なります。

短大では、養護に関する科目30単位と教職に関する科目12単位以上取得することになります。

2年間で教育現場において即戦力となり得る養護教諭を目指すとなれば、かなり忙しい学生生活を送ることになるでしょう。

一方、4年制大学では4年という時間をかけて、所定の養護に関する科目40単位・教職に関する科目26単位以上修得することになります。

さらに、幅広い一般教養も身につけることが可能です。

また、大学・短大の入学試験を考えると、4年制大学に進むほうが高い基礎学力を求められる場合が多いため、教員採用試験を突破するのに必要な一般教養の知識は、大学の受験期に定着させやすいといえます。

こうした背景もあり、近年では、養護教諭として採用される人の8割程度は4年制大学出身者とされています。

給料の違い

公立学校に勤務する養護教諭は地方公務員に該当しますので、その給与は「地方公務員法」に基づくものとなります。

具体的な金額は「給料表」によって算定され、職務の複雑さや難易度、責任の度合いによって区分されます。

また、職務経験年数による習熟度も給与に反映されます。

前述のように、4年制と2年制では前者の方が専門的に、かつ広範囲にわたって知識・技術を身につけているとみなされます。

つまり給与は学歴により差が生じ、短大を出て2種免許を持っている初任者よりも、大学を出て1種免許を持っている初任者のほうが給与を多く支給されます。

キャリアパスの違い

養護教諭として働くうえでは、どの種類の養護教諭免許状を持っていても問題ありませんが、もし将来的に管理職(校長など)を目指すのであれば、できるだけ上級の免許状を取得しておくほうがよいとされています。

最低限でも1種、また専修の免許状があると、キャリアアップに近づきます。

しかし、キャリアアップのためには、もちろん日常業務に対する取り組み姿勢や成果なども重視されることは言うまでもありません。

免許状は更新も必要

2007(平成19)年6月に「教育職員免許法」が改正され、2009(平成21)年4月1日から「教員免許更新制」が導入されました。

教員免許を取得している人は、原則として、有効期間満了日(修了確認期限)の2年2ヵ月前から2ヵ月前までの2年間で、「免許状更新講習」を受講・修了し、都道府県教育委員会(免許を管理している組織)に申請しなければなりません。

免許状更新講習では、文部科学大臣が認定した大学等で年度ごとに開講されます。この講習では合計30時間以上の科目を受講・修了することになります。

生年月日ごとに修了確認時期が決まっていますので、気になる方は文部科学省のHPでチェックしてください。

参考:文部科学省 教員免許更新制