高校教師の仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介

高校教師の仕事とは

高校教師は、高等学校に通う生徒に対し、教育を行う職業です。

数学、世界史、英語など、各教師が担当科目を持ち、それに関する授業を担当します。

中学校教師に比べると高校教師が受け持つ授業数は少ないですが、高校では授業の専門性が格段に上がるため、教師自身も日々勉強し、専門知識を磨いておかなければなりません。

そのほか、部活動の顧問や生活・進路指導、また学校運営に関わるさまざまな事務も担当します。

高校生は今後の人生を左右する大事な時期であるため、生徒の気持ちや状況を正確に把握し、適切な助言や指導をすることが重要です。

高校教師の業務の内容

1.授業計画

高校教師はただ好き勝手に授業を行うのではなく、学習指導要領に沿って1年間の授業計画を組み立てる必要があります。

授業で使用するプリントや練習問題、中間・期末テストの問題の作成も行います。

高校の授業は中学と比べ専門性が格段に上がるため、教師も専門知識を磨いておくことが求められます。また、教科書の改訂があれば教える内容も変わることがあるため、日々勉強が必要です。

2.生徒指導

生徒がどのようなことで悩んでいるのかなどを探り、必要であればアドバイスをします。

生徒指導の場だけでなく、日々のコミュニケーションのなかから生徒の気持ちや状況を正確に把握し、適切な助言や指導をすることが求められます。

3.保護者との関わり

三者面談などを通して、生徒の普段の様子や抱えている悩み、進路などを親と一緒に解決していきます。

また、生徒指導や進路指導をする上では保護者の気持ちを理解し尊重することも大切です。

4.進路相談

高校生は卒業した後の進路によって、将来が大きく左右されます。

生徒が決めている進路を教師の目線に立って考え、アドバイスをしたり他の選択肢を提案したりすることも必要です。

5.部活動

ほとんどの教師はなんらかの部活動の顧問を担当します。

6.自己研鑽

長期休暇や研修の際には、学校教育・校則・生徒との触れ合い方を学びます。

模擬授業などを通して自己研鑽を欠かすことも大事です。

7.校務分掌

高校教師は、「校務分掌」と呼ばれる、学校の運営に関わる事務業務も担当します。

そのほか修学旅行・文化祭・体育祭などの行事にも関わります。

高校教師の役割

生徒の学力向上のために教育する

学校教育は、教師の質にかかっているといっても過言ではありません。

どれだけ優秀な生徒がそろい、高い質の教材を使ったとしても、教師の教え方が悪ければ学力アップを望むことはできないでしょう。

また行事などで貴重な経験の機会を得たとしても、教師がしっかりと指導していかなければ、教育的な効果はあまり期待できません。

教師は生徒の学力を向上させていくために、さまざまな工夫を凝らす必要があります。

教師自身の質の向上

近年は核家族が増えたことや、地域社会でのコミュニケーション不足から、学校教育や教員に求められるものが多くなってきています。

教師という職業は以前よりも厳しく評価され、生徒指導の面でも大変な重責を担っています。

高校教師の勤務先の種類

高校教師の勤務先は、おもに公立・私立の高等学校です。

公立の高校で働く場合は、地方公務員の身分で働きます。

昼間に授業を行う全日制の高校だけでなく、夜間に授業を行う定時制高校や通信教育課程を指導する教師もいます。

高校教師の勤務先と仕事内容の違い

高校教師の仕事の流れ

ここでは、「常勤」として働く高校教師のおおまかな仕事の流れをご紹介します。

  1. 1.出勤

    高校教師の出勤は8時前後のことが多いですが、教材の準備などをするために早い人は7時過ぎには学校に行きます。
  2. 2.打ち合わせ

    まずは教職員全体で朝の打ち合わせを行い、その日の行事や連絡事項等を確認します。その後、学年ごとや教科ごとのメンバーで細かな打ち合わせを行います。
  3. 3.授業

    打ち合わせが終わると、それぞれ教室へ向かいホームルームを終え、授業を開始します。担当の授業がない時間には教材研究や事務分掌をこなします。
    高校教師の昼食は、職員室や休憩室など生徒とは別でとることが多いです。
  4. 4.放課後

    授業が終わってからは、部活動の顧問や教職員会議、教材研究、行事の準備などの仕事をします。一般的には17時ごろが退勤ですが、残務を片付けるために残業をする教師が少なくありません。

高校教師と関連した職業

高校教師と同じように特定の科目を担当する職業に「中学校教師」がありますが、両者にはいくつかの違いがあります。

まず、中学校は義務教育であり、高校はそうではないということです。

中学校教師は、生徒が基本的な学力をきちんと身につけられるように指導をするとともに、生活指導にも重点を置き、思春期の子どもたちが健やかに成長できるようにサポートします。

高校教師は、中学校よりもさらに進んだ教科指導を行って生徒の学力を向上させるとともに、その先の進路(進学・就職など)を見据えた助言やアドバイスも行います。

また、教師の資格を取得するにあたっては、単位数の違いがあります。ただし条件を満たせば中学校・高校のどちらの免許を取得することも可能です。

中学校教師の仕事