このサイトは高校教師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「高校教師」

仕事内容
高校教師は、高校で各教科の指導を行うほか、ホームルームや進路指導、クラブ活動指導、学校行事の運営など、さまざまな仕事を行います。高校で指導する科目は物理、化学、政治・経済、倫理など中学校よりも細分化され、より専門性の高い授業を行います。そのため、各教師は担当科目について日々勉強していなければなりません。そして、生徒一人ひとりの興味関心や個性を生かしながら、進路についてアドバイスをすることも大事な仕事です。
なるには
高校教師になるには、国家資格である高校教諭の免許状が必要です。教職課程のある大学もしくは大学院で所定の科目を修了することで、免許状が取得できます。なお、高校教諭の免許は科目別に分かれているため、どの科目を教えたいのかについては事前に決めておく必要があります。就職に関しては、公立高校を目指すのであれば各都道府県で実施される教員採用候補者試験、私立高校であれば各学校の教員採用試験を受け、採用を目指します。
給料
公立高校で働く高校教師は地方公務員となり、各地方自治体の給与体系が適用されます。基本的に年功序列で、勤務年数が増えれば自然と昇給するため、ほとんどの場合、40歳を過ぎれば年収は700万円を超えます。福利厚生も充実しているものの残業代は出ないため、精力的に活動する部活の顧問になると、「割に合わない」と感じることがあるかもしれません。私立学校の場合は、各学校が定める給与体系と待遇の下で働きます。
将来性
少子化が進むにつれて廃校となる高校も出ていますが、「団塊の世代」の教師が大量に退職するに伴い、高校教師の採用はしばらく積極的に行われると予想されています。国際化やITの進歩によって生徒の価値観や興味関心が多様化する一方、不登校やいじめなど、思春期ならではの悩みを抱える生徒も増えていると言われます。今後は一人ひとりの生徒に対して、よりきちんと向き合い、個性や可能性を存分に伸ばす指導をすることが求められていくでしょう。

仕事体験談