研究者の現状と将来性

若手研究者への支援の現状

世界には、優秀な人材が世界中から集うといわれているトップレベルの大学があります。

世界ランキングの上位に入る大学といえば「オックスフォード大学」「カリフォルニア工科大学」「スタンフォード大学」「ケンブリッジ大学」「マサチューセッツ工科大学」「ハーバード大学」でしょう。

海外の大学のことはよく知らなくても、このような大学名は耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

これに対して、日本のトップレベルの大学である東京大学や京都大学はというと、実は世界ランキングでは上位30位内にランクインすることも難しいというのが現状です。

日本としてはこうした現状を打破するために、国内の大学の研究環境を整えることや能力のある人材を支援することに力を入れています。

たとえば、独立行政法人日本学術振興会には「特別研究員制度」があり、優秀な大学院生に対して研究奨励金や研究費を補助するという制度になっています。

経済的な理由から大学院への進学や研究者への道をあきらめる人も多いなか、少しずつこうした支援制度が整い始めているので、この分野に進む人は制度を上手に活用するとよいでしょう。

また、近年では日本人研究者によるノーベル賞が相次いだこともあり、日本から世界に通用する研究を発信していこうという高いモチベーションを持っている若手研究者も多くいるようです。

切磋琢磨しながら研究に取り組めるよい環境ができているともいえます。

ロボットにはできない仕事を

あらゆる産業で機械化が進んでいる現代社会では、将来的にはロボットに奪われてしまうかもしれないと危惧されている仕事がたくさんあります。

単純な業務ほどその傾向は強く、逆に高い知能や思考能力を必要とする業務ではその実現が半永久的に難しいといわれています。

研究者の仕事というのはまさに後者にあたり、人間ならではの着眼点や柔軟な発想がなければ、絶対にできない仕事です。

また、専門性も非常に高く、特定の分野に関して精通している研究者であれば研究機関からも企業からも重宝されることになります。

このような仕事の特色を考えれば、研究者というのは、これからの時代にもますます必要とされる職業といってもよいでしょう。