幼稚園教諭への転職・中途採用はある?

幼稚園教諭への転職状況は?

まったくの未経験から幼稚園教諭を目指す人はそれほど多くありません。

幼稚園教諭は専門的な知識やスキルが求められる仕事で、未経験の場合は学校に通い資格を取得するなどしなくてはなりませんが、異業種や未経験から転職によってなることも可能な職業です。

反面、保育士から幼稚園教諭への転職は多くなっています。

保育士免許と同時に幼稚園教諭免許を取得できる学校もありますが、そうでない場合、保育士の資格があれば「幼稚園教諭認定試験」を受験することで、幼稚園教諭になることもできます。

幼稚園教諭への転職の志望動機で多いものは?

幼稚園教諭への転職を目指す人は多くの場合「子どもが好き」で、社会人経験を積むなかで子どもと触れ合う機会が増え、幼稚園教諭になりたいと考える人は少なくないようです。

また、公立の幼稚園教諭は公務員となるため、安定した仕事に就くために幼稚園教諭を目指すという人もいます。

幼稚園教諭の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から幼稚園教諭になるには

幼稚園教諭として働くには、新卒の人と同じように高校卒業後に4年制大学・短期大学・専門学校などへ進学し、幼稚園教諭の資格を取得する必要があります。

未経験や無資格の状態で働き始めることはできないため注意が必要です。

ただし、幼稚園教諭の資格は一度取得すると一生使うことができるため、保育士の資格と同様、就職・転職はしやすく、資格取得を目指して勉強する人は多くいます。

幼稚園教諭への転職に役立つ職務経験は?

幼稚園教諭を目指す中で、面接や試験の際に前職について問われたり、前職の内容で採用に合否が出たりするということはほとんどありません。

幼稚園教諭は毎日子どもと関わる仕事のため、子どもと接する経験があればそれに越したことはありませんが、就職の時点では実習以外にまったく経験がなくても構いません。

幼稚園教諭はさまざまな仕事を担うため、コミュニケーション能力、接客力、協調性、チームワークなど前職での経験をアピールできるところはないかを考えてみるとよいでしょう。

幼稚園教諭への転職面接で気をつけるべきことは?

幼稚園教諭の面接では、主に「なぜ幼稚園教諭になりたいと思ったか」「幼稚園教諭としてどのように働きたいのか」を問われます。

前職の経験を通し、どうして幼稚園教諭を目指したのか、幼稚園教諭になったらどのように子どもと接していきたいのかなどをしっかりと話せるようにしておきましょう。

また、社会人経験から学んだことや、前職での経験を幼稚園教諭でどのように生かしていきたいかなどを離せるようにしておくとより印象がよくなるでしょう。

幼稚園教諭に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

幼稚園教諭の資格を取得するうえで、年齢制限はありません。

幼稚園教諭や保育士の資格取得のための学校には、社会人向けの学科・コースのあり、主婦になってから資格取得を目指す人も少なくありません。

幼稚園を目指すこと自体は、何歳になっても可能だといえますが、就職を考えるとできるだけ若い人を採用したいと考える園が多いことから、できるだけ若いうちに転職に踏み切った方が有利となるでしょう。

未経験から幼稚園教諭の転職での志望動機

幼稚園教諭への転職を目指す場合は、「なぜこれまでの仕事を辞めてまで幼稚園教諭を目指したか」をしっかりと話せるようにしておくことが大切です。

幼稚園教諭は資格の取得が必要ですし、保育士と比べると就職へのハードルも高いため、「社会人になってからどうして幼稚園教諭を目指したのか」は非常に関心があるところです。

そのため幼稚園教諭を目指す理由やきっかけなどを自分の言葉で話せるようにしておき、説得力のある志望動機を考えておく必要があります。