このサイトは考古学者を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「考古学者」

仕事内容
考古学者は、遺跡や遺物などを発掘し、人類の生活様式や文化を研究する仕事です。発掘チームを作って発掘作業を行い、出土品があれば記録・保管し、報告書にまとめていきます。組織に所属する人ばかりではありませんが、文化財の専門家として役所や教育委員会で働く人が多く、他には考古学の専門家として大学教員になる人や博物館に勤める人もいます。発掘作業では海外に長期滞在することもあるため、知力に加えて体力も求められます。
なるには
考古学者になるのに、絶対に必要な資格はありません。しかし「考古学者」と名乗るには、考古学を専門的に学び、研究を続けていることが大前提となるため、大学の歴史学科などに進学することが第一歩と言えます。また、大学院に進んで論文を書き、修士号や博士号をとっている人も多いのが特徴です。就職先の選択肢はあまり多くありませんが、教育委員会の文化財保護課や民間の考古学研究所などが挙げられます。
給料
考古学者の給料は、どんな働き方をするかによって変わってきます。役所や教育委員会、大学、一般企業などに勤める場合は、毎月固定の給料が支払われることが一般的です。年収は300万円~400万円が相場ですが、非常勤の場合は月に10万円程度しか稼げないこともあるようです。実績を積んで研究成果が認められればメディア出演や本の執筆なども増え、収入は大きくアップするものの、若いうちは厳しい生活を強いられる可能性もあります。
将来性
考古学は「ロマンがある」と語られることも多いですが、代表的な就職先である役所や教育委員会に勤めれば「いち公務員」の立場になるため、安定はしているものの夢見ていたような働き方ができない可能性もあります。一方、研究成果を上げて大学教授になることができれば、好きな研究をしながら、良い待遇で働くことも可能です。将来をしっかりと見据えた上で、どんな考古学者になりたいのかイメージする必要があると言えるでしょう。