スクールカウンセラーの働き方の種類・雇用形態

スクールカウンセラーの雇用形態

主に学校など、教育現場で働くスクールカウンセラーの雇用形態は、大きく「常勤」と「非常勤」の2種類に分けられます。

常勤とは、いわゆる「フルタイム」として働く人のことをいい、勤務時間は1日8時間、週に40時間程度が基本系です。

一般企業でいうフルタイムの正社員と同じような立場で働きます。

一方、非常勤とは常勤以外の人のことを指し、一般企業ではパートや派遣社員などがあてはまります。

フルタイムで働くのではなく、1日に数時間、また週に2~3日だけの雇用となるケースが多いです。

スクールカウンセラーは、常勤よりも非常勤の求人のほうが多いことが特徴です。

常勤のスクールカウンセラー

常勤のスクールカウンセラーの求人は、決して多くありません。

公立学校では、時代を追うごとにスクールカウンセラーの設置校が増えているものの、そのほとんどは非常勤としての採用です。

そのなかで、常勤スクールカウンセラーを積極的に配置しているとして注目を集めているのが名古屋市です。

名古屋市教育委員会では「なごや子ども応援委員会」を組織し、常勤のスクールカウンセラー(子ども応援委員会総合援助職)を置くことで悩みや心配を抱える子どもと、その親を総合的に援助する体制を整えています。

公立学校で働く人は公務員の立場になり、各自治体の定める給与規定に沿って固定給が支払われ、手厚い手当や待遇も用意されています。

今後、ほかの自治体でも非常勤から常勤に変えていくケースは徐々に増えるものと考えられますが、自治体によっては時間がかかるかもしれません。

一方、私立学校では、常勤スクールカウンセラーの求人が出ることもあります。

しかし、スクールカウンセラーの配置は基本的に1つの学校に一人であるため、たいていは欠員が出る場合に募集されます。

就職・転職を希望するタイミングで、うまく常勤の求人が出るとは限らないため、「つなぎ」として非常勤で働く道を選ぶ人もいます。

非常勤のスクールカウンセラー

非常勤は、スクールカウンセラーとしての代表的な働き方です。

非常勤の募集内容はさまざまですが、週に1~2日程度、1日あたり数時間(3~5時間程度)だけ勤務するものが多いです。

給与は時給制であり、地域や経験などによって5,000円前後が相場とされています。

通勤手当は出ることが多いものの、常勤のような手厚い待遇や福利厚生(社会保険、退職金など)は適用されないことがほとんどです。

また、非常勤は1年程度の「任期付き」での採用になることが多いです。

したがって、常勤に比べると、収入面を含めて不安定な生活になりやすいことは頭に置いておいたほうがよいでしょう。

スクールカウンセラーは「臨床心理士」など専門的な資格が求められる仕事ではあるものの、よい条件の下で働ける人は限られているのが現実です。

非常勤で働く場合には、収入を増やすためにいくつかの学校を掛け持ちするか、学校以外の場所でもカウンセリング業務に携われる場所を探している人も多いです。