キャリアコンサルタントになるには

キャリアコンサルタントになるまでの道のり

「キャリアコンサルタント」は、キャリアコンサルティングを行う専門家であり、国家資格の名称でもあります。

「キャリアカウンセラー」や「キャリアアドバイザー」など、人のキャリアを支援する仕事はさまざまあり、キャリアカウンセリング自体は資格を持たなくても行えます。

ただし「キャリアコンサルタント」と名乗れるのは、この資格を取得した人のみです。

キャリアコンサルタントになるには、国家試験を受けて学科試験と実技試験(論述および面接)の両方に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録する必要があります。

その後、人材業界関連の企業や、その他の企業、ハローワーク、大学などへ就職し、キャリアコンサルタントとして活躍します。

キャリアコンサルタントになるまでのルート

キャリアコンサルタントの資格・難易度

キャリアコンサルタント国家試験には、受験資格が定められており、以下のいずれかを満たす必要があります。

(1)厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した人
(2)労働者の職業の選択、職業生活設計または職業能力開発および向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する人
(3)技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験または実技試験に合格した人
(4)平成28年3月までに実施されていたキャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格である養成講座を修了した人(平成28年4月から5年間有効)

国家試験は学科試験と実技試験があり、個別で受験することが可能です。

合格率は、学科・実技を同時に受けた場合、55%~60%程度となっています。

キャリアコンサルタントの国家資格取得後も5年ごとに更新を行い、最新の知識・技能を身につける必要があります。

キャリアコンサルタントの資格の種類・難易度
キャリアカウンセラーの試験(CDA)の難易度・合格率

キャリアコンサルタントになるための学校の種類

キャリアコンサルタントになるために、決まった大学や専門学校などに通わなくてはならないわけではありません。

キャリアコンサルタント国家資格を取得する方法はいくつかあり、職業選択や能力開発に関するコンサルティングの実務経験を積めば、学歴関係なく国家試験の受験資格を得られます。

また、民間企業や団体などが実施する、厚生労働大臣認定の講習を受けて国家試験の受験資格を得ることも可能です。

実際にキャリアコンサルタントとして働く人の学歴や、学生時代の専攻もさまざまなようです。

ただし将来の就職を考えると、「大卒以上」の学歴を応募資格にする企業もあるため、大学に進学しておくと就職先の選択肢は広がるでしょう。

キャリアコンサルタントに向いている人

人のために動くことをいとわない

キャリアコンサルタントは1対1で相談者と接する機会が多く、人の心の深いところまで触れていきます。

まずは人が好きで、誰かのためになる仕事がしたいという思いが持てる人は、この仕事に向いています。

また、人の本当の感情にまで思いを巡らせることができる人も、キャリアコンサルタントの適性が十分にあるでしょう。

キャリアで悩んだ経験がある

自分自身の進路や就職を考えるときに、深く悩んでつらい思いをしたことがある人は、キャリアコンサルタントに向いています。

何の苦労もせずに順調にキャリアを積んできた人は、なかなか他人の悩みや苦しみがわからないものです。

しかし、自分のことで悩んだことがあれば、相手の気持ちをより理解しやすいでしょう。

答えがない中で勉強を続けられる

キャリアコンサルタントは、たとえ資格をとったり、企業などに就職したりしたとしても、そこがゴールにはなりません。

相談者によって抱える課題や悩みは異なり、またカウンセリングには絶対的な正解がないため、ときには解決が難しいケースにも遭遇します。

しかし、キャリアコンサルタントは自分の知識やスキルをフルに集めて、目の前の相談者に最適な助言を考えていく必要があります。

より多くの人の悩みを解決するためには、自分が勉強を続けることが必須です。

キャリアコンサルタントに向いている人・適性・必要なスキル

キャリアコンサルタントのキャリアプラン・キャリアパス

キャリアコンサルタントは、勤務先となる企業や教育機関、行政機関などで経験を積みながら、相談者の多様なケースに対応できる知識・スキルを身につけます。

勤務先によって相談者の抱える悩みの種類にも違いが出るため、転職して自分の幅を広げていく人もいます。

なお、現在はキャリアコンサルタント国家資格のほか、以前からあった「キャリアコンサルティング技能検定(1級・2級)」という国家技能検定も引き続き行われています。

この国家技能検定は、厚生労働省が定めるキャリアコンサルタントの4段階のレベル(導入レベル、標準レベル、熟練レベル、指導者レベル)のうち、2級は「熟練レベル」、1級が「指導レベル」に該当します。

キャリアコンサルティング技能検定の受験には実務経験が求められるため、経験を積んだキャリアコンサルタントは、さらなるキャリアアップを目指して、国家技能検定を受けるケースもあるようです。

キャリアコンサルタントを目指せる年齢は?

キャリアカウンセリング自体は、資格を持っていなくても行えます。

ただし、特別なスキルや専門知識を必要とする仕事であることや、厚生労働省もキャリアコンサルタントのレベルを明確に示していることから、やはりキャリアコンサルタントの国家資格を取得するほうが信頼性の面でも有利になるでしょう。

キャリアコンサルタントの国家試験には年齢制限がありませんから、何歳からでも目指せます。

ただし、実務未経験からの就職の際には、年齢は若いほうが有利になることが多いです。

キャリアコンサルタントは高卒から目指せる?

キャリアコンサルタント国家試験には学歴制限がないため、高卒の人でもキャリアコンサルタントを目指せます。

しかし就職の際には、企業などによっては高卒者は応募できない場合もあるため注意してください。

さまざまな人が抱えるキャリアの課題を把握し、支援していくためには、幅広い知識や教養、一般常識なども求められてきます。

学歴がすべてではありませんが、学生時代にしっかりと勉強に励み、さまざまなことを身につけておくと、将来役立つでしょう。