高校教師の採用試験に落ちてしまったら? 臨時教員・非常勤講師とは?

高校教師の教員採用試験に落ちてしまったら?

高校教師になるためには教員採用試験に合格しなければなりません。

しかし、近年採用試験は狭き門となり、なかなか合格することができないのが現状となっています。

教員採用試験に合格し正規職員になれるのが理想ですが、もしなれなくとも、その際に臨時教員に登録しておけば、教師に空きが出た場合、期間限定で教員として働くことができます。

この登録方法や募集人数、期間などは各自治体によって異なりますので、ホームページなどで確認しましょう。

また、一旦登録すれば、無期限で臨時教員としてリストに載るわけではなく、各自治体によって期間が決められています。

期間が満期になったあとに関しては各自治体の方針に従うことになります。

臨時採用の教員とは

産休や病休に対応する臨時の教員

万が一、教員採用試験に不合格となった場合、それで終わりではなく、臨時教員枠に登録することができます。

これは教育委員会が設けている事務局で、自分で登録しなければならず、不合格者が自動で登録されるわけではありませんので注意が必要です。

臨時採用される理由は主に産休や病休による教員の補充です。

正規の教師がこれらの理由で数ヶ月単位にわたり教職を離れる場合に適用され、一定の期間のみ採用されるのが臨時教員です。

また、公立学校の臨時採用と同様に私立学校にも臨時採用があり「非常勤講師」などとして働くことができる場合があります。

臨時教員の待遇

採用期間中は正規の教師と同様に扱われるため給与・賞与・有休なども変わりありません。

ただしあくまでも臨時採用なので、正規の教師が復帰するまでの間となり、いつまで働くことができるか、またいつ選ばれるかなどはまったく分かりません。

また、退職金などもその都度リセットされてしまいますので、保障自体はほぼないと言えるでしょう。

期間限定の職務なので不安定ですが、一度臨時教員を経験した場合、本採用に優遇されやすい傾向もあります。

臨時教員の採用方法

臨時教員として採用される方法は二つあり、面接のみで決定される場合と学校側の指定する試験に合格しなくてはならない場合があります。

これは各都道府県によって採用方法が異なりますので確認が必要です。

高校教師を目指す人の多くはこの臨時教員に登録していますが、現状は諦めて一般企業に入社する人が多くいるのが現状で、採用の機会は決して少なくないといえます。

採用試験に経験を活かす

もし高校教師一筋という方であれば、臨時教員から正規の教師を目指すのも一つの手段といえるでしょう。

採用試験の面接時の模擬授業では、まったくの未経験者と比べると授業に慣れた分余裕を持てるでしょう。

また、面接の際に面接官から質問されるのは、やはり学校教育に関することが大半を占めるため、臨時教員だとしても教師を経験しているのであれば、答えにも説得力が増し、たとえ深く突っ込まれた質問にも、これまでの経験を基に臨機応変な対応をすることができます。

ただし、臨時教員になると来年に向けた試験勉強をする時間が減ってしまう可能性があるため、注意が必要です。

実際に仕事を体験して、教師として自分は勤まるのかなど、資質を確かめることもできます。

それでも教師になりたいと考えるのであれば、教員採用試験に向けて新たに勉強に励むとよいでしょう。