日本語教育能力検定試験の難易度・合格率

日本語教育能力検定試験について

日本語教育能力検定試験とは

「日本語教育能力検定試験(JEES:Japanese language Teaching competency Test)」は、「公益財団法人 日本国際教育支援協会」が実施している試験です。

日本語教師になりたい人、また、すでに日本語教師として働いている人を対象に、日本語教育の専門家として、基礎的な水準にあるかどうかを検定することを目的としています。

受験資格は、学歴や年齢など制限がなく、誰でも受けることができます。

この検定試験は国家資格や公的試験ではありませんが、日本語教師として働くための基礎的な資格として、広く社会に認められています。

実際、日本語教育能力検定試験への合格は、国内の日本語学校・スクールの採用条件のひとつとしても掲げられることが一般的です。

日本語教師を目指す人にとって、この検定試験に合格することは、日本語教育業界に入るためのパスポートのような意味合いも含んでいます。

試験の概要

日本語教育能力検定試験は3部構成となっており、1日ですべて行われます。

試験Ⅰが午前中にあり、昼食後に試験ⅡとⅢが実施されます。

試験Ⅰでは90分間で日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定します。

試験Ⅱでは、30分間に音声を聞いて回答していく出題方式で、基礎的な知識が問われます。

試験Ⅲでは、120分間で日本語教師として実践するための基礎的知識が問われます。

試験Ⅱの聴解問題以外は、マークシートや記述式で出されます。

試験範囲は大きく5つの区分(1.社会/文化/地域、2.言語と社会、3.言語と心理、4.言語と教育、5.言語一般)に分かれ、区分ごとに主要項目があり、さらにその中の基礎項目が示されていて、基礎項目が優先的に出題されます。

日本語の文法や構造から、言語学、教育制度、歴史、心理学などまで、非常に幅広く勉強しておく必要があります。

試験の詳しい情報は、日本語教育能力検定試験(JEES)のホームページで確認できます。

日本語教師になるには

日本語能力検定試験の難易度・受験者数・合格率

試験の難易度は?

日本語教育能力検定試験は出題範囲が広いため、それなりの勉強量が必要となります。

また、リスニング試験があるため、専用の対策が必要となります。

準備をしっかりと事前にしておけば、合格の可能性は誰にでも十分にあるといえるでしょう。

日本語教師養成講座や、日本語教育能力検定試験対策講座などを活用すると効率的に勉強できますが、独学で合格を果たしている人もいます。

独学の場合、市販のテキストを隅々まで読み込んで理解し、過去問題を徹底的に演習していくなどの方法がよいでしょう。

合格率は20%前後

日本語教育能力検定試験の合格率は、例年15%~30%程度を推移しています。

公益財団法人日本国際教育支援協会のホームページには、過去の日本語教育能力検定試験の結果の概要が公開されています。

平成30年度

全科目受験者6801人 合格者1937人 合格率28.4%

平成29年度

全科目受験者5733人 合格者1463人 合格率25.5%

平成28年度

全科目受験者4907人 合格者1231人 合格率25.0%

平成27年度

全科目受験者4727人 合格者1086人 合格率23.0%

最近の傾向としては、受験者が増えていることと、合格率が25%を超える年も出てきていることが挙げられます。

日本語教師を目指す人が増え、試験がやや易しくなっているという見方もできますが、合格基準は公表されていないため、正確な合格ラインについてはっきりとしたことはいえません。

受験生の大半は、主婦/主夫や会社員・公務員・自営業等の人たちですが、退職者や非常勤の日本語教師も多く受験しています。

受験者を年代別にみると、現在まで一貫して20代の受験者の割合が高くなっていますが、ここ最近の特徴として、40代や50代、さらに60才以上の受験者が増加傾向にあります。

そして、受験者の約7割が女性です。

検定試験を受験するのはどんな人?

日本語能力検定試験の過去の結果を見ると、会社員の20代の女性が転職のために日本語教師を目指す場合や、50代以上で退職後の第二、第三の人生を見据えて受験するといった人が多いことが想像できます。

20代の受験者の中には、会社で決まりきった事務の仕事をするよりも、転職をして自分の好きな仕事で活躍したいといった話がよく聞かれます。

また、日本語教師の仕事は社会人経験が生かされることから、年齢が高い世代にも挑戦しやすい仕事といえます。

実際、途上国で、60代以上の人たちが自分の能力を海外で発揮し、生き生きと活躍しているケースもあります。

しかし、社会人ともなると、なかなか日本語教師になるために大学に進学することが難しいので、日本語教師養成講座450時間のコースをとり、その間、日本語教育能力検定試験の受験に向けて受験勉強をしている人たちも多いようです。

日本語能力検定試験の難易度・受験者数・合格率

試験の難易度は?

日本語教師として働く際に、法的に資格が必要というわけではありませんが、資格を有していることが採用の条件となっていることが一般的です。

平成30年度試験の合格率は、28.5%が合格していますが、決してやさしい試験ではありません。出題範囲が広いので、それなりの勉強量が必要となります。また、リスニング試験があるため、専用の対策が必要となります。

日本語能力検定試験 受験者数

日本語能力検定試験の受験者はやや減少の傾向にありましたが、平成27年度から徐々に増加しており、平成30年度の受験者数は6,801人となりました。

日本語教育能力検定試験受験者数_30

日本語能力検定試験 合格率の推移

日本語能力検定試験の合格率は、おおよそ23%前後で推移しています。平成30年度の合格率は前年度より高い28.5%となりました。

日本語教育能力検定試験合格率_30

日本語能力検定試験 男女別受験者数

受験者数は常に女性のほうが多い傾向です。前年度と比べて男性・女性共に受験者数が若干増加し、平成30年度試験の男女別受験者数は、女性が4,833人、男性が1,968人となっています。

日本語教育能力検定試験男女別受験者数_30

平成30年度日本語能力検定試験 年齢別受験者数

平成30年度の日本語能力検定試験年齢別受験者数は、50歳代が1,690人で最も多く、ついで、20歳代が1,425人、40歳代が1,417人となっています。

平成30年度日本語教育能力検定試験年齢別受験者数_30

平成30年度日本語能力検定試験 受験回数別受験者数

平成30年度の日本語能力検定試験の受験回数別受験者数は、初回が4,664人と最も多くなっています。続いて、2回目が1,313人、3回目が472人、4回以上が317人となっています。

平成30年度日本語教育能力検定試験受験回数別受験者数_30

平成30年度日本語能力検定試験 職業別受験者数

平成30年度の職業別受験者数は、「会社員・公務員・自営業等」が2,376人と最も多くなっています。次いで、「主婦/主夫」が968人、「日本語教員(非常勤)」が759人、「退職者」が527人となっています。

平成30年度日本語教育能力検定試験職業別受験者数_30

令和元年度 日本語教育能力検定試験の概要

試験日 令和元年10月27日(日)
出願期間 令和元年6月24日(月)から8月13日(火)まで
試験地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡
受験資格 受験資格に制限はありません。
試験内容 <試験Ⅰ> 90分 100点
原則として、出題範囲の区分ごとの設問により、日本語教育の実践につながる基礎的な知識を測定する。
<試験Ⅱ> 30分 40点
試験Ⅰで求められる「基礎的な知識」および試験Ⅲで求められる「基礎的な問題解決能力」について、音声を媒体とした出題形式で測定する。
<試験Ⅲ >120分 100点
原則として出題範囲の区分横断的な設問により、熟練した日本語教員の有する現場対応能力につながる基礎的な問題解決能力を測定する。
合格発表 令和元年12月20日(金)(予定)に受験者全員に文書をもって通知
合格率 28.5%(平成30年)
受験料 10,800円
詳細情報 財団法人日本国際教育支援協会 日本語教育能力検定試験