日本語教師養成420時間コースとは? 最短で取得するには?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

日本語教師養成420時間コースとは?

日本語教師を目指す方法のひとつに、「日本語教師養成420時間コースを修了する」というものがあります。

「日本語教師養成420時間コース」は、文部科学省の外局行政機関である文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」の指針に沿った養成講座のことをいいます。

日本語教師養成講座を持つスクールでは、基本的に、この文化庁の指針に沿ったシラバスに沿って日本語教師の養成を行っています。

日本語学校などにおける日本語教師の求人への応募資格は、この日本語教師養成420時間コースを修了しているか、「日本語能力検定試験」に合格していることとなる場合がほとんどです。

日本語教師になるには

とくに日本語教師養成420時間コースでは、日本語教師として必要な知識の習得はもちろん、模擬授業などを通して実践力を養うことができるため、多くの日本語教師志望者が受講しています。

420時間コースではどんなことを勉強する?

では、実際にスクールで行われている日本語教師養成420時間コースの一例を見てみましょう。

420時間コースのシラバスでは、「日本語を使用したコミュニケーション」という大枠の下に、「社会・文化・地域に関わる領域」「教育に関わる領域」「言語に関わる領域」の3つの領域について学ぶことが書かれています。

さらに、その3つの領域の中には「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語」という区分があります。

こう見ていくとザックリとした印象を受けますが、実際には日本語教育史や日本語の構造、異文化コミュニケーション、異文化理解と心理など、非常に幅広いことを学ばなくてはなりません。

たいていのスクールでは、コースは基礎理論講座から始まり、「音声学」「文法」「言語学」「歴史」などについて日本語教師として必須の専門的知識を学びます。

基礎理論を学んだ次の段階としては、その応用を学習するパターンが一般的です。

そして、最後に教育実習をして総仕上げとなります。

教育実習では、実際に外国人を対象に授業のシミュレーションを行い、実践力を養うことを目指します。

最短でどれくらいで修了できる?

日本語教師養成420時間は、最短でも6ヵ月程度の学習時間が必要となることが多いです。

通うスクールやコースの内容によって学習期間は異なりますが、ある程度の余裕を持って学習を進めようとする場合、6ヵ月程度はかかると見ておくほうがよいでしょう。

ただし、平日に仕事をしながら土日を使って講座を受講する場合には、その倍の1年間ほどかかるのが一般的です。

なかには1日の学習時間を増やすことで、3ヵ月程度の短期間で修了できるコースを設けているスクールもありますが、その場合はかなり詰め込み型の学習となる可能性があります。

通信講座で日本語教師の勉強ができるものもありますが、通信講座は420時間コース修了の対象にならないものもあるため、事前によく確認しておく必要があります。

なお、420時間コースの修了に加えて、日本語教育検定能力試験の対策コースを受講する人もいます。

この2つを取得しておけば、日本語教師としての就職を目指す際に大きく有利になるといわれています。