科学者のつらいこと、大変なこと、苦労

評価されるまでに時間がかかるのが普通

「科学者になりたい」と夢を抱いて一生懸命に頑張っても、そのすべての人が世に出て、輝けるわけではなりません。

まず、科学者になるのがとても大変なことです。

大学や大学院時代には遊ぶ時間も削って勉強と研究に打ち込む必要がありますし、いざ博士号を取得しても、しばらくは教授などの下について雑用中心で働くことになります。

その間、ほぼ無給であることも珍しくありません。

忙しく過ごすなかで実験を続け、論文を書き、学会に参加しますが、お金がなくて厳しい生活を送る若手科学者は少なくないようです。

その後も、研究が日の目を浴びる日がくればよいのですが、思うような成果が出ないまま過ごすことになるかもしれません。

恵まれた環境で研究ができるとは限らない

とくに自然科学の研究では、特殊な装置や薬品を使用することから、大きなお金がかかってきます。

それをすべて自腹で用意するというのは、よほどの大金持ちでもない限り、到底無理な話になります。

そのため、科学者は大学の研究室や民間企業に所属しながら研究活動を進めていくことになりますが、すべての場所において満足いくお金があるとは限りません。

研究資金が不足しており、厳しい環境の中でなんとか研究を続ける科学者もいます。

注目されてからも苦労は多い

科学者として書いた論文が世間に評価されると、一気に注目を集めるようになります。

それは科学者にとって大きなやりがいになるものですが、一方で、「絶対にミスが許されない」というプレッシャーを抱えることになります。

未知のものを探究していくのはものすごく大変なことで、ときにミスや失敗をしてしまうこともあります。

しかし、うっかり間違えたことを発表した場合には、世間からのバッシングにあったり、非難され続けたりする可能性もあります。

科学者は、それだけ影響力のあることをやっているという自覚をもって、生きていかなくてはなりません。