学芸員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

学芸員を目指すきっかけで多いものは?

学芸員を目指すきっかけとして多いものは、「美術品や芸術品、歴史的な資料などに高い関心があるから」というものでしょう。

子どもの頃から化石が好きで博物館に通い続けたとか、大学で日本の絵画について学び美術館が大好きであるとか、海外留学をして考古学について学んだ知識を磨き続けたいとか、そのような理由からこの分野への就職を目指す人は多いのです。

学芸員になれば、自分の興味がある分野について専門的な知識や技能を磨き続けることができますし、仕事として研究活動を行うことも可能です。

また、展示会の企画や運営を通じて多くの人に価値ある貯蔵品を見てもらうこともできるのです。

「好きなことを仕事にしたい」と願う人にとっては、学芸員は非常に魅力的な職業といって間違いないでしょう。

学芸員の志望動機の考え方

学芸員職は、その仕事柄、知識や教養が必要になります。

しかし学芸員として採用されるにはそれだけでダメなのです。

調査研究から展示運営まで他の職員と協力し合い、外部の人とも上手く交渉し、来館者のためのサービス精神も必要となります。

採用する側はそういった点も注意して見ています。

いくら学究的能力に長けていても個人研究だけすればいいのわけではありません。

個人的に美術が好きでもそれを施設の運営に生かし、来館者のためになる形で還元できねばなりません。

面接などで「なぜ学芸員として働きたいか」といったことを聞かれるのも、その志望動機が入ってからの働きに関係してくるからです。

知識や興味も大切ですが、「社会人」として働いていけるかどうかといったところが見られます。

「美術品が好きだから」「研究を仕事にしたいから」といった理由だけでは厳しいかもしれません。

変に飾る必要はないので、本気で学芸員として働きたいということを、自分なりの表現で精一杯伝えることが大事です。

学芸員の志望動機の例文

大好きな美術を仕事に

「昔から油絵を趣味としており、西洋美術史を学んでおりました。

大学に進学して院で研究を重ねるにつれてますます惹かれていくようになり、ぜひとも美術に関わる何かを一生の仕事にしたいと思っていましたが、学部時代に画廊でアルバイトをしてお客さまへの案内や説明を担当したことで、美術品の魅力を人に伝える仕事に興味を持つようになりました。

世界にはこんなにも素晴らしい美術文化があるということを、一般の方々にも知らせたい。

絵画に詳しくなくても美術の世界を楽しめるように手助けしたい。

このように思い立ったことが学芸員を志望した動機です。」

子ども達にワクワクを

「幼児の頃から恐竜や化石が大好きで、図鑑ばかり眺めていました。

小学校に入学したときに、父親が科学博物館に連れて行ってくれたことがきっかけで、地学や生物学など、理科全般に興味を持つようになりました。

あの頃の自分が博物館をきっかけに勉強を好きになったのと同じように、今の子どもたちに博物館を通して好奇心や探求心を持ってもらいたい。

ワクワクしてもらいたい。

そんな夢を抱き、博物館の学芸員を志望しています。」

貴重な資料を未来に

「大学時代に海外に留学をしながら考古学の研究を続けてきました。

世界中の博物館や遺跡をめぐりましたが、貴重な資料を最善の状態で保管してきてくれた人たちのおかげで素晴らしい研究ができたと思っております。

博物館という施設には貴重な資料を未来に引き継ぐという大切な役割があるのです。

私は学芸員として資料の保管や展示に携わることで、そのお手伝いをしたいです。」

学芸員の面接で聞かれること・注意点

学芸員になるための採用試験では、筆記試験だけではなく面接も行われます。

面接の内容は志望する施設によって異なるものの、基本的には志望動機や学芸員としての意識を問うようなものが多いといわれています。

たとえば「なぜ学芸員職を志望しようと思ったか」、「この博物館の展示についてどう思ったか、この博物館をどう思うか」「世間一般の博物館に関して思うことはあるか」などです。

自分が志望する博物館で行われた展示会や企画はチェックしておき、どういうところが魅力的だったか、あるいは自分だったらどんな工夫をしていたかなども語れるようにしておきましょう。

このほかにも「給料や任期は折り合えるか」「専門外の仕事もこなせるか」など採用後の話が出ることもあるそうです。

どんな仕事に就きたいのか明確に決まっている人は、この時点で伝えておくとよいでしょう。

学芸員の自己PRのポイント

学芸員の面接でまず見られるのは、どんな人物かということです。

研究者としての資質はもちろん気になるところでしょうが、それ以前に同じ施設の職員として働くわけですから、社会性や協調性を身につけているのかどうかをしっかりチェックされます。

特に日本の学芸員は時に現場での雑務や、来館者への上手な応対を求められます。

また文化向上のための教養講座に講師として出張したり、大学での講義を求められたりすることもあります。

ときにはマスコミの取材に対応することもあるでしょう。

こうした一連の仕事を問題なくこなせるかどうか。

そのためには人間性の判断が必須なため、面接ではその辺りが判断されてきます。

社会的な能力があるか、人柄に何か問題はないかなど、一般企業の面接に近いものだと考えておくとよいのではないでしょうか。

学芸員の履歴書で気をつけるべきことは?

学芸員の履歴書で気をつけなければいけないのは、自分の学歴や研究分野、卒論や卒業研究の内容など、研究者としてのレベルがちゃんとわかるように記入するということです。

面接官のなかには専門職員や教授クラスの人物がいることもあり、受験生が過去に提出した論文や著作、専攻分野に関して詳細を知りたいと考えていることが多いのです。

過去の自分の著作に関する指摘や、その博物館の専門分野に関する質問が出ることもあるので、履歴書の時点でできるだけ細かく実績を書いておくとよいでしょう。

面接の短い時間のなかでは十分にアピールすることができなくても、履歴書に大学院での実績や研究論文の内容について記入しておくことによって、研究者としての自分を強くアピールすることができます。