大学職員の需要・現状と将来性

大学職員の現状

大学職員は、「社会的に信頼度の高い教育機関で仕事ができる」ということや「規則正しい勤務時間内で働ける」ということ、さらには「民間企業に比べると倒産や経営不振のリスクが少ない」というイメージから、堅実で安定感のある職業として人気を集めています。

現在、日本のさまざまな大学が職員を募集していますが、有名大学や難関大学では特に採用の倍率が高くなっているのが現状です。

また、大学職員は産休や育休を取得しやすいということもあり、長くキャリアを形成したいという女性からも根強い人気を集めています。

大学職員とひとくちに言ってもその業務内容や職種は多岐にわたり、一般の「大学職員=事務職員」という枠組みの中だけにとどまらない業種やポジションがあります。

財務部や経理部、総務部や人事、また学生を対象とする入試課や学生課などは比較的業務の内容もいイメージしやすいですが、学務課や研究センター、それぞれの部局の中で働く職員の中には専門職と呼べる専門的な業務にあたっている人も少なくありません。

大学職員の求人は、どこかしこの大学で常に出ている状態です。

一般の人が思うよりも、大学で働く職員の数は多く、その分求人も安定して出る傾向にあります。

ただし、採用人数は少ないので、採用はかなりの倍率になることは注意が必要です。

大学職員の需要

大学職員は、教育現場で働けるという社会的な信頼の高さや安定感から、人気の職業となっており、特に有名な大学やアクセス・立地の良い大学、待遇や給与などの条件の良い大学の求人に対して、応募が殺到することもめずらしくありません。

しかしながら、上述の通り、大学で働く大学職員の職種の幅は広く、一般のイメージをはるかに上回る数の職員が日々大学の運営業務にさまざまな形で携わっています。

国公立大学にしても私立大学にしても、例年新しい職員の募集がありますし、正職員だけでなく契約雇用や非常勤、パート職員など色々な雇用形態で求人が出ています。

業務が一時的に増えたり、新しい係や担当ができた場合などは年度途中でも求人が出ることも少なくなく、一年を通して就職のチャンスはあるといえます。

大学職員が担当する仕事内容は幅広く、職種によっては「事務系」と「技術系」に分かれて募集をしていることもあります。

「事務系」の仕事内容は、主に総務・人事・研究協力・国際交流・財務会計・学生支援などに携わることです。

また、大学等に附属する図書館に配属されて図書業務を行う人もいますが、この場合は司書の資格が必要なため別区分で募集することが多いようです。

「技術系」の仕事内容は、研究棟の施設や設備の設計・工事の発注、学内のWEBシステムの構築などです。

また、理工系の大学や学部がある大学では、研究や実験の技術的なサポートをする場合もあります。

大学職員の将来性

しかし、実は世間では、「今後多くの大学が厳しい状況に立たされるのではないか」ということが危惧されています。

1990年代以降、日本では大学の規制緩和が進み、ぞくぞくと新しい私立大学が新設されるようになりました。

一方、少子化の影響で日本の子どもは減り続けているのが現状です。

この影響で、すでに地方だけでなく、都市部の大学であっても定員割れを起こしている私立大学もあります。

定員割れを起こしてしまった大学は、「人気がない大学」「受験さえすれば誰でも合格できるような大学」「卒業しても就職できない大学」というイメージがついてしまうことで、さらに受験生が敬遠してしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

こうした状況のなか、大学職員の待遇についても、今後は決して楽観視できないのではないかという見通しがあるのも事実です。

難関国立大学や首都圏の私立大学等では影響は小さいかもしれませんが、若者が減っている地方都市の私立大学などでは10年後には厳しい経営状況に陥っている可能性もあると言われています。

大学職員として応募する際には今後の経営方針についてしっかりと把握した上で、自身のキャリアと照らし合わせながら門を叩くことが大切です。

大学職員の活躍の場

大学職員の活躍の場としては、大学の運営本部、学生を対象とした窓口関係の部署、図書館や付属センターなどの研究機関などが挙げられます。

他には、附属病院の職員となったり、昨今流行している大学が設置した産学連携の外部法人などで勤務する大学職員もいます。

敷地は大学内であっても、どこが採用した職員なのか、どのような就業形態で雇用条件はどうなっているのか、人によって全くばらばらであるところが大学職員として大学で働く際の興味深いところでしょう。

大学の職員として採用になるのか、それぞれの配属先で直接採用になるのかはその時々によって異なり、待遇や条件なども一律にならない場合もあります。

業務の内容や責任のかかり方、役職に就く可能性があるのかどうかなど、それぞれ人によってキャリアパスに違いはありますが、大学職員の場が幅広く多岐にわたることがおわかりいただけたのではないでしょうか。