このサイトは中学校教師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「中学校教師」

仕事内容
中学校教師は、中学校で各専門教科の授業を行うほか、生活指導やクラブ活動の指導、学校行事の運営などを行う仕事です。中学生は多感な時期であるため、生徒一人ひとりの個性を尊重しつつ、進路や人間関係などに不安を抱える生徒たちに、心のケアを行うことも大事な仕事です。教材の準備やテスト作成、保護者との面談などは、生徒が登下校する前後の時間に行うことが多いため、勤務時間は長くなりがちです。
なるには
中学校教師になるには、国家資格である中学校教諭の免許状が必要です。教職課程のある大学院、大学、短大で所定の科目を修了することで、免許状が取得できます。その後、公立学校の教員を目指す場合は各都道府県の教員採用試験を、私立学校の場合は各中学校の教員採用候補者試験を受験します。小学校や高校の教員免許とは種類が異なり、学校によっては教員採用試験の際に中学校と高校両方の免許状を求められることがあります。
給料
私立の場合は学校によって給料も待遇も異なりますが、公立中学校で働く教師は地方公務員となるため、各自治体の地方公務員の給与体系が適用されます。基本的に年功序列であり、40代にもなると年収は700万円を超えることが一般的です。手当などの待遇に関しても、まず心配する必要はないでしょう。ただし、週末や夏休みにもクラブ活動の指導があったり、普段から長時間勤務になりがちなであるため、労働時間に見合った給料ではないという声も聞かれます。
将来性
「団塊の世代」が定年を迎え、大量に退職したことに伴い、公立中学校の教員採用者数は増加中です。また、きめ細やかな指導を行うべく少人数指導を実施する学校も増えつつあり、活躍のチャンスは広がっていると言えるでしょう。しかし、思春期の生徒たちと向き合わなければならないこの仕事は、精神的にも体力的にもタフでなければやっていけません。生徒や保護者に信頼される人柄や、強い熱意を持った人材が求められています。

仕事体験談