日本語教師の資格をハローワークの職業訓練コースで取得するには?

ハローワークの職業訓練コースで日本語教師になれる?

失業した人を対象とするハローワークの職業訓練コース(求職者支援制度)には、日本語教師を目指すためのコースが用意されています。

一般に、これから日本語教師になろうとする場合、多くの人は「日本語教師養成420時間講座を修了すること」か「日本語教育検定試験への合格」を目指します。

この2つの方法は、多くの日本語学校における講師の採用条件にもなっています。

しかし、どちらの方法を選択するにしても、一般の日本語教師養成スクールで開講されているこれらに関する講座は費用がかかります。

たいていの講座は50万円前後であり、高額なものだと100万円近くになることもあります。

一方、職業訓練コースの日本語教師養成講座は、教材代のみでの受講が可能となっているため、民間スクールよりも大きく費用を抑えることができます。

この職業訓練コースを最後まで受講して修了証をもらえば、一般のスクールに通った場合と同様に、立派な資格として履歴書などに書くこともできますし、採用の条件としても認めてもらえることが多いとされています。

コースの内容と特徴は?

職業訓練としての日本語教師養成講座で「420時間」と明記されているコースであれば、基本的に民間の日本語教師養成講座と内容や扱いは同じです。

ハローワークでの職業訓練コースの日本語教師養成講座は民間委託されており、ハローワークで手続きをした後は、指定された一般のスクールへ通って受講するケースが多いようです(一部、ハローワークで受けるものもあります)。

受講するのは求職者の人たちなので、次の仕事に就くために勉強をして、これからしっかりとスキルを身につけたいと考える人が中心です。

日本語教師の職業訓練コースは内容が濃く、たいていは半年間ほどかけて、週に5日程度、朝から夕方近くまでみっちりと勉強することになります。

受講の注意点とポイントは?

格安で日本語教師を目指せる職業訓練コースはかなり人気が高く、定員オーバーになることも珍しくないようです。

その場合、面接などによって受講者が選抜されるため、誰もが必ずしも受講できるとは限りません。

また、自治体によってはこの職業訓練コースが開講されないこともあるため、事前に受講を希望する自治体のハローワークに確認しておく必要があります。

そして、日本語教師の職業訓練コースはいくつか制約事項もあります。

たとえば、一般のスクールではよくある授業の振替制度はないため、あらかじめ決められている日程で授業を受ける必要があります。

さらに、日本語教師は非常勤での求人が多く、このコースをきちんと修了してもすぐ正社員としての就職先が見つかるとは限りません。

その後も勉強を続けて何年もスキルアップに励むことで、ようやく正社員になる人も大勢います。

学ぶ過程はもちろん、修了後にも継続的な努力が求められるため、本当に日本語教師になりたいのかを自分に問いかけておく必要があるといえるでしょう。