幼稚園教諭になるには? 必要な資格や免許の種類は?

幼稚園教諭になるまでの道のり

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状が必要となります。

幼稚園教諭免許状は国家資格であり、専修(大学院の学位)、1種(大学の学位)、2種(短大の学位)の3種類があります。

したがって、幼稚園教諭養成課程のある大学院、大学、短大などで学び、卒業することで幼稚園教諭免許状を取得することができます。

なお、この3種類は、就職時の初任給や給与などの待遇で差があることはありますが、業務上でできることに違いはありません。

このほか、「保育士」として3年以上の実務経験がある場合は、教員資格認定試験に合格することで、免許を取得することが可能です。

幼稚園教諭の資格・難易度

普通免許状と臨時免許状

幼稚園教諭免許状はいくつかの種類に分かれています。

まず、幼稚園教諭免許状は「普通免許状」と「臨時免許状」があり、幼稚園教諭になるにはこの「普通免許状」を取得する必要があります。

臨時免許状は、普通免許状を持っている代理の職員がどうしても採用できない場合に与えられる免許状です。

3種類の普通免許状

普通免許状の種類は、さらに以下の3種類に分かれています。

1種免許状は、幼稚園教諭になるための4年制大学で幼稚園教諭養成課程を受け、所定の課程を修了して大学を卒業すると取得できます。

2種免許状は、短期大学や文部科学省が定める専門学校・養成学校などで幼稚園教諭養成課程を受け、所定の課程を修了して学校を卒業すると取得できます。

専修免許状は、大学を卒業した人が大学院修士課程または専攻科で学ぶことで、この免許状を取得できます。

3種類の違いは、どの学校で学んだかということを表し、

免許の種類は違うものの、優劣があるわけではなく、実際、就職をする際にも種類の違いはさほど関係ないものとなっています。

免許によって給料が変わることも

ただし、時間をかけて取得した人(1種免許状)の給料のほうが、他の新卒採用の人と比べると高めに設定されていることが一般的で、同じ新卒採用でも、初任給で数万円ほどの差がつけられていることもあります。

幼稚園教諭教員資格認定試験とは? 受験資格や取得できる免許は?

幼稚園教諭になるための学校の種類

資格をとるためには幼稚園教諭養成課程のある大学院、大学、短大、専門学校に進む必要があり、通信制大学(短大)であっても資格取得は可能です。

大学、大学院に関しては国公立か私立かによって、かかる学費に差があります。

国公立は四年間で250万円前後の学費ですが、私立は公立より確実に高く年間の授業料も100万円を超えるところがほとんどで、大学選びによっては倍以上になることもあります。

通信制大学は90万円前後、専門学校であれば、200万円前後のところが多いようです。

ピアノが弾けないと幼稚園教諭になれない?

ピアノを弾けないからといって、幼稚園教諭の資格を取得できないということはありません。

ただし、実際に幼稚園へ就職する場合は、ピアノの演奏は必須条件となることが非常に多いです。

幼稚園では子どもたちに演奏をしながら歌の指導をするため、ある程度のレベルに達していることが条件とされます。

幼児教育の養成課程では必ずピアノについて学ぶ場面が出てきますので、今までまったく触ったことがないという人でも練習をすればしっかりと大丈夫でしょう。

またピアノ以外にも、ギターやハーモニカなどの楽器ができれば可というところもあるようです。

幼稚園教諭になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・短大・専門学校)

幼稚園教諭に向いている人

幼稚園教諭になるには、「子どもが好き」ということが何よりも大切です。

子どもにはそれぞれ個性があり、それを認め子ども一人ひとりと向き合い、愛情を持って接することも求められます。

また幼稚園教諭は子どもの「教育」に携わる立場になるため、強い責任感を持つこと、そして自分がしっかりと子どもを守るのだという使命感も欠かせません。

子どものために遊びを考えたり、教材を作ったりとやることは多いですが、前向きに取り組む姿勢が大切です。

さらに幼稚園では、教諭が一人で大勢の元気な子どもたちの面倒を見なければいけないため、体力も必要となります。

子どもは思っている以上に大人の様子を観察しているため、幼稚園教諭は常に子どもの前で明るく、元気でいることが大切です。

幼稚園教諭のキャリアプラン・キャリアパス

幼稚園教諭になると、はじめは副担任など先輩の先生のサポートに回ることが多く、一年を通して園の流れや子どもたちの動きや接し方などを学んでいきます。

その後は担任を経験し、子どもたちとより深く接していきます。

各自治体によって差はありますが、一般的には経験に応じた研修を受けることでリーダーや主任としての地位を与えられ、それぞれ給与に反映されるシステムになっています。

幼稚園教諭を目指せる年齢は?

幼稚園教諭の資格取得に特別な年齢制限はなく、何歳からでも目指すことができます。

ただし、幼稚園教諭として採用されるにはできるだけ長く働け体力のある人が求められるため、出来るだけ早いうちから努力をしたほうがよいでしょう。