このサイトは養護教諭を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「養護教諭」

仕事内容
養護教諭は、学校の「保健室の先生」として、児童や生徒の健康管理と保健指導を行う仕事です。保健室に来た児童・生徒の対応はもちろんですが、毎年実施される健康診断の準備、健康調査、病気やケガの予防指導など、子どもたちの健康を守るために幅広く業務に携わっています。さらに、友人や異性との関係、受験・進路、家庭環境など、さまざまな心の悩みを抱える子どもに対して、よき相談相手になることもあります。
なるには
養護教諭になるには、国家資格である養護教諭免許状の取得が必要です。養護教諭育成課程のある大学や短大で所定の科目を修了するか、大学や短大の看護学部、看護専門学校で所定の科目を4科目8単位履修し、かつ保健師の免許を取得することで、養護教諭免許状(専修、1種、2種のいずれか)が取得できます。その後は、公立学校の場合は都道府県の教員採用試験、私立学校では各学校の採用試験を受け、採用されれば養護教諭として働けます。
給料
公立学校に勤務する場合、地方公務員として各自治体の給与体系に沿った給料が支払われます。都道府県によって差がありますが、だいたい初任給は20万円前後で、短大卒(2種免許状)よりも大卒(1種免許状)のほうが給料は高く設定されています。公務員なので、福利厚生も充実していると言えます。私立学校の給料・待遇は各学校によってまちまちで、中には公立以上の待遇で働ける学校もありますが、非常勤からのスタートということもあります。
将来性
養護教諭は病気やケガの手当てをするだけではなく、「心のケア」の面でも重要な役割を担っています。そのため、最近ではひとつの学校に複数人の養護教諭を配置するケースも増えているなど、養護教諭のニーズは高まっています。さまざまな悩みを抱える児童や生徒が急増しているため、子どもとしっかり向き合い、適切な助言や指導ができる人材が求められていますが、そのためには保健や医学、教育など幅広い分野について勉強を続ける姿勢が必要です。