大学におけるリサーチ・アドミニストレーターの仕事とは?

大学におけるリサーチ・アドミニストレーターの仕事とは?

リサーチ・アドミニストレーター(URA)とは、University Research Administratorのことで、大学などの研究機関において、研究者とともに研究の企画やマネジメント、研究成果の活用促進を検討・実施する役割の人を指します。

教授や研究者、時には学生の研究活動の活性化や研究開発マネジメントの強化等を支える業務に携わる専門的な役割を担った大学職員です。

リサーチ・アドミニストレーターは、自身は研究テーマをもって研究に従事することはありませんが、知財権や実用化などといったアクティブ権利などが絡む研究内容やその成果を守るために、なくてはならない役割です。

文部科学省でも、世界での大学・学術研究機関での研究スピードをうけ、急速にURAの仕組みと整備しようとしています。

世界で日本が戦っていくために、研究開発に知見のある人材を大学や研究機関がリサーチ・アドミニストレーターとして活用・育成することを支援していく方針です。

具体的に、リサーチ・アドミニストレーターのスキル基準の策定や研修・教育プログラムの整備などを進め、リサーチ・アドミニストレーターを育成・定着させる全国的なシステムを整備する取組みを促進しています。

どのような理由でURAの定着を進めている?

日本の大学や研究機関では、研究内容について理解を有しつつ、科研費をはじめとした研究資金の調達や管理、知財の管理・活用等を専門的にマネジメントする人材が十分ではないことはずいぶん前からあちこちで指摘されていました。

アメリカなどの研究先進国に比較し、日本ではまだまだ研究者自身に研究活動以外の業務で過度の負担が生じている状況があります。

このような状況を改善するため、文部科学省は研究者が研究に専念するための環境整備や大学・研究機関の研究開発強化のため、大学や研究機関における専門の研究マネジメント人材の育成・定着に向けたシステム整備等を行うことを進めることとなりました。

どのような分野のURAがある?

大学で働くリサーチ・アドミニストレーターが携わる業務や部署として、「知財・技術移転」「企画・プロジェクト」「産学連携」「国際戦略」「人材育成」、「学術連携リスクマネジメント」などの部門があります。

どれも専門性の高い仕事に携わり、戦略的に大学を経営・運営していくための役割を担っています。

リサーチ・アドミニストレーターの実際の業務は?

リサーチ・アドミニストレーターはまだまだ始まったばかりで業務をブラッシュアップしている開拓途中の仕事ですが、そのためリサーチ・アドミニストレーターの業務は「こうである」といった定型のものがあるわけではなく、それぞれの大学や研究機関によって大小の違いがあるようです。

特に、リサーチ・アドミニストレーターが係る学術分野はその大部分が医・理工学系であることが多いため、リサーチ・アドミニストレーター本人の学術スキルや専門知識の高さなどが即生かされる仕事であるといえます。

たとえば、先端研究政略の業務においては、次世代に向けての先端研究戦略を立てることで、大学のブランド価値を高める取り組みを狙います。

また、大型研究プロジェクトの継続戦略では、産学連携や国際連携等の大型連携研究の拡大戦略の立案・推進等を行います。

そのほか、リサーチ・アドミニストレーターに期待される重要な役割として、プロジェクトに必要な人員・組織・設備の整備やプロジェクトの進捗管理、知的財産を含む研究成果の管理や広報戦略の策定などがあります。

これらの仕事は、これまで既存の部署で大学職員や産学連携組織が携わってきた従来の業務が含まれます。

つまり、リサーチ・アドミニストレーターが業務とする内容は、大学にとって全く新しい仕事というわけではなく、従来よりもより専門・戦略的に、また包括的に研究支援を行うことが期待されているというわけです。

リサーチ・アドミニストレーターの現状と今後

現在リサーチ・アドミニストレーターの業務は、大学によってまちまちであるというのは上述の通りです。

それは、それぞれの大学が課題としていることがさまざまであるということの表れでしょう。

米国や欧州などの研究先進国では、それぞれの大学には日本よりも色濃くそれぞれの特徴があります。

その特徴を前面に押し出すことで、大学のブランド価値を高め、立場を確立しています。

日本の大学にリサーチ・アドミニストレーターが導入され始めているということは、日本の大学も欧米の大学同様に、生き残りや大学組織の強化をかけてそれぞれの立ち位置を明確化しようという動きがあることに他なりません。

リサーチ・アドミニストレーターは、業務内容の範囲や専門性、意義ともに大きく、やりがいのある仕事です。

今後、その重要性がますます評価され、大学や研究機関でのリサーチ・アドミニストレーターの価値は定着、拡大して行くことでしょう。
・ひいては日本の大学の存在感をどんどん世界にアピールしていきましょう!