このサイトはベビーシッターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ベビーシッター」

仕事内容
ベビーシッターは、個人宅や保育施設などにおいて、親(依頼主)に代わって乳幼児から小学校低学年くらいの子どもを預かり世話をする仕事です。子どもと一緒に遊んだり、食事をあげたり、必要に応じてしつけや教育なども行います。子ども好きであることは大切ですが、突然の体調変化やケガをした際など、トラブル時の対応などもしなければなりません。強い責任感と育児に関する幅広い知識が求められます。
なるには
ベビーシッターになるのに、絶対に必要な資格はありません。ただし、子どもの健康や発達心理などに関する知識は必須であり、全国ベビーシッター協会の認定資格を取得していると、依頼主からの信頼も集めやすいでしょう。働き方としては、ベビーシッター派遣会社に登録し、仕事を請け負うのが一般的となっています。各施設と直接雇用契約を結ぶことも考えられますが、正社員になれることはあまり多くなく、大部分の人はパートか契約社員です。
給料
ベビーシッター派遣会社に登録している場合、時給1000円~1400円程度が一般的となっています。仕事の量は時期や地域などによっても差があり、どうしても不安定な生活になりがちです。もし正社員として施設などで働くことができれば、収入は少なくても毎月安定した給料が稼げます。フリーランスで働くことも可能な仕事なので、自分のライフスタイルに合わせて働き方が選べることは魅力と言えるでしょう。
将来性
ホテルやデパート、病院など、一時的な保育サービスを置く施設が増えており、ベビーシッターのニーズは増加中です。資格を持っておくことで依頼者からの信頼も高まりますし、さらに幅を広げるのなら保育士の資格も役立つでしょう。また、家庭的保育の専門家と言われる「チャイルドマインダー」の養成セミナーを受け、検定試験に合格していれば、子ども向けの施設や教室などの事業を開設することも可能です。