大学職員のTA・SAの仕事の違いは?

大学職員のTA・SAの仕事の違い

ティーチング・アシスタント(TA)とスチューデント・アシスタント(SA)は、双方とも大学の授業を支援する「教育補助員」です。

それぞれの仕事内容の違いについてみてみましょう。

ティーチング・アシスタント(Teaching Assistant/TA)

ティーチング・アシスタントとは、優秀な大学院学生に対して、教育的配慮のもとに、学部学生向けの実験・実習等の教育補助業務をさせる制度です。

ティーチング・アシスタントが補助的にきめ細かいアドバイスやフォローをすることで、後輩である学部学生の学習をサポートします。

一方、大学院学生にとっては、指導補助をすることで将来教員や研究者になるためのトレーニングになります。

ティーチング・アシスタントには手当が支給され、大学院学生の生活を経済的に助けることにも繋がっています。

具体的な業務実習は、実験の指導や監督、宿題・レポートの回収やチェック、ゼミなどのディスカッションの進行サポートなどです。

実習などの個別学習中に質問に答え、進み具合をチェックして助言するなど、1対1で補完的な指導にあたるケースもよくあります。

また、授業プリントの作成補助、演習問題作成の補助など、教材作成の作業量が多いときにはティーチング・アシスタントが教員のサポートを行います。

ただし、講義の実施や学生の成績判定など授業の根幹に関わる部分は、教員しか指導することはできません。

スチューデント・アシスタント(Student Assistant/SA)

大学院学生ではなく、学部学生が補助業務を行う場合は、ティーチング・アシスタントとは区別して「スチューデント・アシスタント」と呼びます。

スチューデント・アシスタントは事務職としての側面が強く、専門的な知識を必要としない補助業務を行うことが一般的です。

具体的には、PCやプロジェクタなどの教室セッティング、出席票やオンライン上での出席取りと遅刻・早退の監視、資料の配布、宿題の回収や整理など、教員の指示のもと教室で秘書的な役割を担います。

サービスを受ける下級生にとって、年齢の近い学部生同士なので、ティーチング・アシスタント以上に話し掛けやすい、相談しやすい、という親近感があるようです。

また近年、分野によってはスチューデント・アシスタントにもある程度の専門知識が求められるようになり、その重要性が高まっています。

TA・SAと関連した仕事

リサーチ・アシスタント(Research Assistant/RA)

リサーチ・アシスタントとは、優秀な大学院学生等に対し、大学が行う研究プロジェクト等に研究補助者として参画させる制度です。

大学の研究体制を充実させると同時に、若手研究者を育成し確保することを目的としています。

具体的には、研究プロジェクトで推進されている実験の補助、研究論文の作成や発表の補助などを行います。

リサーチ・アシスタントには、ティーチング・アシスタントと同様に手当が支給されます。

ティーチング・アシスタントやスチューデント・アシスタントとは、「教育」に関わる補助業務か、「研究」に関わる補助業務かという点で異なります。

またティーチング・アシスタントは修士課程を含めた大学院学生を対象とし、リサーチ・アシスタントの対象を博士後期課程院生のみとしている大学が多く見受けられます。

ティーチング・フェロー(Teaching Fellow/TF)

大学によっては、修士以上でティーチング・アシスタントとして十分経験を積んだ人は「ティーチング・フェロー」という、より専門的な役割に就くことができます。

ティーチング・フェローのおもな業務は、教員の助言を受けながら、自ら指導案を作成し、実際に教壇に立って学部学生を対象に講義を行うことです。

ティーチング・アシスタントの指導やレポート・試験の採点を行うこともあります。

こちらも手当が支給され、大学院生やポスドクなどの処遇改善にも期待されています。

大学教員というキャリアを目指す大学院生にとっては、実際に授業を行うことで、専門分野への理解をより深め、教育活動について学ぶ貴重な機会となります。