教師に休みはどれくらいある? 勤務時間も解説

近年、教員の過酷な労働環境がニュースで話題になることもあります。

早急な改善が必要な状況といわれていますが、実際はどうなのでしょうか。

この記事では、教員の勤務時間や休日や、残業を減らすポイントなどついても解説します。

教師の勤務時間

公立校の教師は、通常、午前8時15分から午後4時45分まで働いています。

休憩を除くと、1日に約7時間45分、週に約38時間45分の勤務です。

公立学校で働く教育公務員の勤務時間は、労働基準法により規定されています。

週に40時間、1日に8時間が労働の上限とされています。

ただし、これには休憩時間が含まれておらず、休憩を除いた時間が実際の労働時間となります。

しかし、規定があるにもかかわらず、実際には多くの先生が早朝7時半に出勤し、夜7時過ぎまで働いているようです。

2016年に文部科学省が行った調査によると、公立校の先生方は、平均して1日に小学校では11時間15分、中学校では11時間32分働いています。

これは、規定の勤務時間を大幅に超えていることがわかります。

さらに、2018年に経済協力開発機構(OECD)が行った調査では、日本の小中学校教師の1週間当たりの勤務時間は小学校で54.4時間、中学校で56.0時間となり、調査に参加した国や地域のなかで一番長いことがわかりました。

先生方は、授業だけでなく、保護者とのやり取りや部活動の指導など、多くの仕事を抱えています。このため、長時間労働が続いているようです。

この問題は社会的にも注目され、教師の働き方改革が求められています。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

教師の休日

教師に与えられている休日・休暇

公立学校の教師は、基本的に土日や祝祭日、年末年始が休みですが、私立学校では休日や休暇が学校ごとに異なることがあります。

公立校の教師は地方公務員として働いているため、年次有給休暇や病気休暇、特別休暇、介護休暇などが認められています。

年次有給休暇は、採用された年を除き、原則として年間20日まで取得できます。

また、夏季休暇も5日間与えられますが、これは特別休暇に含まれます。

教師の休日・休暇の現状

有給休暇

教師にも有給休暇が付与されていますが、実際にはなかなか取りづらいというのが現状のようです。

有給休暇を使うと、授業を自習にしたり、ほかの教師にその埋め合わせをしてもらったりする必要があるからです。

文部科学省が2016年に実施した教員勤務実態調査によると、教師の1年間当たりの平均有給休暇取得日数は、小学校で11.6日、中学校では8.8日という結果になりました。

長期休暇

夏休みなどの長期休業期間は子どもたちにとっては休みですが、教師は通常通り出勤しなくてはなりません。

この間、部活動の顧問をしている場合はその指導、普段できないような雑務や教材研究、また研修や夏季講習など、教師には多くのやるべき仕事があります。

2002年に学校週5日制が完全導入された段階で、夏休みのまとめ取りが廃止されていましたが、2019年6月に文部科学省より「夏季等の長期休業期間における学校の業務の適正化」を求める通知が出されたことを受け、この期間中にまとまった休日を確保しやすくなりました。

こうした背景もあり、この期間に有給休暇をまとめて取得して、夏季休暇と合わせて2~3週間の休みをとる教師もいます。

教師の残業時間

教師の残業の実態

教師は、授業以外にも多くの業務を抱えています。

そのため、勤務時間内に仕事が終わらず、残業をすることが必要です。

2016年の文部科学省の調査によると、月に80時間以上の残業をしている教師の割合は、小学校では33.5%、中学校では57.7%に上りました。

実際、小学校では3割強、中学校では6割近くの教師が「過労死ライン」を超えるほど働いていることが分かります。

学級担任や部活動の顧問になっているかどうかによっても異なりますが、月に100時間以上の残業をしている教師が5人に1人いるという統計もあります。

教師の働き方改革

公立学校において、「給料月額の4%を『教職調整額』として支給する代わりに、時間外勤務手当を支払わない」という「給特法」が、教師の長時間労働を助長しているとの指摘があります。

そのため、2019年に「給特法」が改正され、文部科学省は公立学校教師の残業時間の上限を原則月45時間、年360時間までとし、特別な事情があっても月100時間未満、年720時間までと定めました。

この改正により、教師の業務や負担が軽減され、より働きやすい労働環境に改善されることが期待されています。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

教師は忙しい? 激務?

教師は、授業やその準備、生活指導や進路指導、成績処理、行事の準備、学校運営に関わる事務作業など、さまざまな業務を抱えています。

業務量が多すぎるため、夜遅くまで残業したり、仕事を家に持ち帰ったりすることもあります。

授業準備や教材研究は終わりのない作業であり、真面目で教育熱心な教師ほど手を抜くことができず、長時間労働を強いられる傾向があります。

また、「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者への対応や休日を返上して行う部活動の指導も大きな負担となっています。

このような過酷な労働環境の中で、過度なストレスにさらされ続けて、心身ともに疲弊してしまう教師も多くいます。

教師が忙しい理由

まずはじめに、部活動の指導時間が増加していることが、教員の負担の大きな要因です。

特に中学校の教員は、土日の部活動に費やす時間が増えています。

10年前に比べて1時間以上も増加し、平成28年度では平均で2時間10分に達しています。

また、教員の業務には多くの事務作業が含まれています。

クラス便りの作成や成績処理、給食費の徴収など、細かな業務が数多くあります。

これらの業務はそれぞれちいさなものですが、すべてに対応すると大きな負担になります。

さらに、教員の労働時間は正確に把握されにくい状況です。

教員は残業しても時間外手当が支給されないため、労働時間と給与の関連がありません。

そのため、学校側が実際の時間外労働を正確に把握することが難しく、長時間労働が生じやすくなっています。

教師の残業を減らすには

教員の働き方改革を進めるために、さまざまな改革が行われています。

まず教員の労働時間を正確に把握し、データとして管理することです。

文部科学省の調査によれば、ICカードやタイムカードなどで勤怠を把握している自治体は増加していますが、まだ少ないのが現状です。

次に、教員が担当する業務を減らすことも重要です。

現在の業務が多すぎるため、内容や頻度を見直す必要があります。

また、教員以外の人員を採用して特定の業務を任せることも改善の方法です。

部活動の指導員などを新たに採用することで、教員の負担を軽減し、業務の質を向上させるとしている自治体も増えています。

さらに、教員が行っている成績処理や学校行事の準備・運営などの業務は、事務職員でも対応できることから、業務を分担することで、効率的な運営をしようと努力している学校もあります。

教師の休日の過ごし方

とくに新任などの経験の浅い教師は、休日でも学校に行って、残った事務作業や教材研究などをすることがよくあります。

また部活動の顧問をしている教師は、土日に練習や大会の準備をすることも多く、休みたくても十分に休むことができないこともあります。

文部科学省の調査によると、2016年度には小学校教師の12.5%、中学校教師の8.9%が土日に出勤していることがわかりました。

ベテランの教師になれば、仕事とプライベートのバランスを取り、休日にしっかりリフレッシュすることができる人もいます。

ただし、外出する際には生徒や保護者と偶然会う可能性も考慮し、教師としての役割を忘れないようにすることが重要です。

教師の1日のスケジュール・生活スタイル

教師の勤務時間・休日のまとめ

教員の勤務時間は長く、休日に仕事をしている人も多くいます。

その労働環境にはさまざまな問題があり、こうした問題に対処しようと働き方改革が行われています。

長時間労働による教員不足もさけばれており、今後、より教師が働きやすい環境が整えられていくことがのぞまれます。