高校教師の仕事の一年間の流れ・受験シーズンにやるべきことは?

教師生活の年間スケジュール

学校は年間を通して大まかなスケジュールは決まっています。

教師はその年間計画表を手にして、基本はそれに沿って活動を行います。

現在ではほとんどの学校が2期制(前期と後期)となっています。

前期は生徒を知ることに注力

前期に大切なのは生徒を知ることです。

一カ月で生徒全員の顔と名前を一致させ、どの生徒同士の仲がいいのかなど生徒のパーソナリティーも調べます。

授業と授業の間の休み時間など、生徒達の関係を観察しましょう。

また中間テストも非常に重要です。

はじめのうちは指導担当の先輩教師と一緒にテストを制作しますが、コツを掴むことさえできればすぐに慣れることができるでしょう。

後期は違う目標を立てる

後期はイベントもたくさんあるため授業に集中できない場面もあります。

「学園祭を生徒と一緒に楽しむ」、「よりわかりやすく楽しい授業を行う」などと前期ではできなかった目標を立てることが必要です。

前期で得た経験を踏まえて、日頃から生徒との接し方や授業の組み立て方を工夫してみることが大切です。

高校教師の仕事の一年間の流れ

4月

新しい生徒の顔を覚えます。

生徒一人ひとりと接する時間を多く設け、生徒の特長や人柄、考えていることなどを把握します。

5月から6月

今年度の授業を指導要領に沿って進めるために授業の計画を立て、それを実践します。

7月

秋に催される修学旅行や行事の準備を始める。

修学旅行の場合は、ツアー会社やカメラマンとの連絡、しおり作りや現地の視察や旅行日程のプラン作りなどを新人と熟練教員が数人で行います。

また、夏休み前には期末テストがあるので、その準備を進めていきます。

8月

生徒は夏休みで登校はありませんが、この長い休みの期間にこれまでの授業の運びを確認し、9月以降の授業計画を再度練り直します。

高校教師にとって8月の夏休み期間は非常に忙しく、近隣の学校などと連携して授業や生徒教育に対する意見交換会や、授業の質をあげるための模擬授業など多くの研修が行われます。

9月から11月

多くの学校ではこのシーズンに文化祭や運動会、修学旅行が催されます。

学校行事の意義は「生徒の自主的運営」のため、教師はあくまで裏方に徹します。

生徒の気持ちを組んで尊重してあげることが、生徒からの信頼にもつながります。

年間を通して多忙を極める高校教師も行事の時は日々の仕事を忘れて生徒と楽しい時間を過ごすことができます。

ただし修学旅行をはじめとした行事では生徒がはめを外しやすく、問題も起きやすいので終始生徒に気を配る必要があります。

12月から3月

2年生を受け持っている場合は、生徒一人ひとりと面談して3年に向けた進路を決めます。

多くの学校は文系と理系や進学クラスなどに分かれるため、生徒の意見を尊重しつつ、また生徒の親との面談なども行い高校を卒業したあとの進路などもここで大まかに決めていきます。

3年生を受け持っている場合は、受験を間近に控え非常に多忙な時期となります。

生徒一人ひとり進路が異なるので、就職の場合は就活の面倒や職探しの手伝いなど、進学の場合は、AO試験、推薦、一般どれにするのかを考えたり受験対策を行ったりする。

特に推薦の場合は高校の成績が関与してくるので、教師の器量が問われる場面でもあります。

教師は自分のクラスの生徒一人ひとりのことを考えなければならない時が多くあります。学生生活にとって一番大切な進路を決めなければならないのが2年生と3年生なので、教師も相応に覚悟しなければなりません。

受験生との向き合い方

受験シーズンに備えて

高校教師にとって一番大切な時期は受験シーズンです。

スポーツ大会や文化祭などの生徒にとってのビッグイベントが一通り終わると、生徒は受験モードに切り替わります。

教師もそれに合わせて緊張感持って授業に臨み、生徒に接しなければなりません。

受験生と向き合う姿勢

11月からは受験のかきいれシーズンで、1月はセンター試験、2月は本試験と生徒の将来を左右する時期になります。

この期間中は生徒も予備校や塾で勉強するようになり、学校へは卒業できるだけの出席日数を確保して休みがちになります。

また推薦、指定校推薦を狙っている生徒はより授業に集中して成績を上げようと躍起になっています。

たとえ自分が3年生のクラスを持っていなくとも、授業を受け持っていればそれはヒシヒシと伝わりますし、授業内容も見直さなければなりません。

この時期に自分が教師としてどのように生徒と接するかによって生徒への信頼、絆は変わってきます。

他の教師の方々と結束して生徒の背中を後押ししてあげられるような教師を目指しましょう。