チャイルドマインダーの仕事、業務内容

少人数保育のプロフェッショナル

チャイルドマインダーという職業は、一言でいうと少人数保育のプロフェッショナルです。

保育園で働く保育士や幼稚園で働く幼稚園教諭とは、集団での大人数の子どもを預かるのではなく少人数保育を行うという大きな違いがあります。

保育士の仕事
幼稚園教諭の仕事

預かる人数はその都度異なりますが、年齢や状況によってはマンツーマンで保育をするケースもあります。

一人ひとりの子どもの様子に丁寧の目を配り、その子の個性や両親の希望に沿った対応をすることができるのがチャイルドマインダーの最大の強みといえるでしょう。

ミルクから寝かしつけまで

チャイルドマインダーの仕事内容は子どもの年齢によって決まります。

たとえば0歳児のあかちゃんの場合は、決められた時間にミルクをあげたり離乳食をあげたりすることもありますし、おむつ替えや抱っこでの寝かしつけなども大切な業務の一環となります。

3歳児くらいになると一般的な幼児食やおやつを食べられるようになるので、好き嫌いなく上手に食べられるように食事の補助をします。

また、この年齢だとオムツが外れていることが多いので、声をかけてトイレに連れて行ったりおもらしをしてしまったときの着替えの対応をしたりします。

6歳児くらいになると自分のことは基本的には自分でできるようになるので、遊びや勉強の補助がメインになります。

身体を大きく動かして思いきり遊んだり、本を読んだり宿題をしたりするのを手伝ったりするのもチャイルドマインダーの仕事です。

子どもの年齢に応じて必要な関わり方が異なるので、子どもの発達に関しての幅広い知識と経験を積み重ねていることが大切です。

男女によっても好きな遊びが違うことが多いので、「この年齢の女の子ならままごとが好き」「この年齢の男の子ならこういう本が好き」というように傾向を理解しながら細やかな対応をできる人のほうが重宝されるでしょう。

自分の子育ての経験を生かしてこの職業にチャレンジする人も珍しくありません。

在宅型と訪問型の違い

チャイルドマインダーは少人数保育を担当しており、保育園や幼稚園などの規模の大きい施設で働くわけではありません。

働く場としては、民間企業や商業施設などに併設されている保育ルームで子どもを預かるケースと依頼者の自宅に出かけるケースがあります。

一般的には後者の訪問型のほうが割高料金になることが多いのですが、そのぶん保護者と子どもにとっては普段と変わらない環境の中で安心して過ごすことができるというメリットもあるようです。