チャイルドマインダーの一日

保育ルームで働くチャイルドマインダー

チャイルドマインダーはどのような1日を過ごしているのでしょうか。

自宅近くの保育ルームで乳幼児を預かる仕事をしているチャイルドマインダーの一般的なスケジュールを見てみましょう。

08:30 出勤してエプロンを着用し、今日の予定を確認する

09:00 保育ルームを訪れた子どもの体調を確認したうえで預かる

10:00 子どもと一緒に歌を歌ったり手遊びをしたりする

11:00 オムツを交換したりトイレを促したりする

12:00 昼食を食べさせる(乳児の場合は月齢に合わせてミルクや離乳食を与える)

13:00 昼寝をさせる

15:00 子どもを起こしてオムツを交換したりトイレを促したりする

15:10 おやつを食べさせる

16:00 絵本を読んだり紙芝居を見せたりする

17:00 引き取りに来た保護者に子どもを受け渡す

18:00 全ての子どもが帰ったあと、保育ルームの清掃や汚れものの洗濯を終えたら勤務終了

昼寝の時間が唯一の休息時間に

チャイルドマインダーの仕事は朝の9時頃から18時頃までの時間帯を基本としていることが多いようです。

1日のスケジュールは子どもの年齢や保育時間の長さによって異なりますが、基本的には「遊び」「オムツ交換・トイレ」「昼食」「昼寝」「おやつ」などを行いながら1日を過ごします。

天気の良い日にはテラスや庭などで外遊びをしますが、雨の日には手作りの工作をしたりお絵描きをしたりして室内で楽しく過ごします。

未就学児を預かる場合、昼寝の時間を取ることが多いので、寝かしつけに苦労することもあるようです。

そのぶん、昼寝をしてくれれば自分の休憩時間を取ることもできますし、寝ている子どもの様子を見ながら保護者に渡すための1日のレポートを書いたり掲示物を作ったりして事務作業を進めることもできます。

子どもが帰ったあとは部屋を片付けたり布おもちゃやタオル類の洗濯をしたりすることもありますが、決められた時間通りに子どもを預かる仕事なので突発的な残業が入るということはほとんどないと考えておいてよいでしょう。