保育士の身だしなみは?(髪色・メイク・ネイル・ピアス)

服装の決まりはある?

保育士という職業は、身だしなみに関する規定が比較的厳しいほうだといえます。

勤務先の保育園によっても多少異なりますが、だいたいどこの保育園でも、身だしなみについては同じような規定が設けられています。

保育士の身だしなみで重視されるのは、「子どもの安全を第一に考える」ということです。

「おしゃれをしたい」「個性を出したい」という考えよりも、毎日、預かった子どもを安全な状態で保護者の元へ返すことをしっかりと考えていかなくてはなりません。

身だしなみのなかでも、まず服装については、多くの場合Tシャツやトレーナー、ジャージ着用となるでしょう。

このような服装は動きやすく、汚れてもあまり気になりません。

フードのほか、ボタンや紐・リボンなどの飾りがついているものは、安全面から避けなくてはならない場合が多いでしょう。

ジャージなどの上にはエプロンを着用する保育園が多くなっています。

髪のカラーリングやヘアアレンジはどこまでOK?

髪の毛についても、さまざまな規定が設けられていることが一般的です。

多少のヘアカラーは許される場合が多いですが、基本は黒や黒に近い色で、あまり明るすぎるヘアカラーは避けたほうがよいとされています。

最近では明るいカラーをしている若い保育士もいますが、保護者側から見たときにどのような印象を与えるかは、よく考えたほうがよいでしょう。

「子どもを安心して預けられそう」という印象を保護者に与えることも、保育士を続けていくうえで大事なポイントです。

髪型については、動きまわる際にジャマにならないものがよいとされています。

ショートヘアか、結べるくらいの長さならヘアゴムでくくることをおすすめします。

前髪はピンで留めるほうがいいという意見がありますが、乳児を保育する場合は、ピンでケガをさせてしまう可能性もあるため、ヘアゴムのみの着用が推奨される職場もあります。

顔周りをすっきりさせておくと明るい印象を与え、子どもも安心して近寄ってくる傾向にあるようです。

ピアスやネイルは安全面からNG

保育士の仕事では、基本的にピアスやアクセサリーなどの装飾品は禁止されることが多いでしょう。

アクセサリーは、勤務中に落っことして子どもが飲み込んでしまうリスクがありますし、とがった部分でケガをさせてしまうかもしれません。

指輪もNGとされる場合が多いですが、結婚指輪だけは認められる保育園もあるようです。

とにかく、子どもにとって少しでも危険があると判断されるものは、極力つけないようにするというのが保育園の基本方針となります。

爪を伸ばしたり、派手なネイルもNG

ネイルを楽しみたいと考える若手保育士もいるかもしれませんが、爪を伸ばすことは、こちらも子どもに対してケガをさせる恐れがあることから大半の保育園で禁止されています。

派手な色でないマニキュアを塗る程度であれば認められることもありますが、ラインストーンなどのデコレーションやジェルネイルはできない場合がほとんどです。

どうしてもネイルがしたい場合には、休日限定で楽しめばよいでしょう。

メイクやマツエクはしてもいい?

メイクの規定は、保育園によって異なる場合が多いようです。

ノーメイクでなくてはダメというわけではなく、ナチュラルメイクが推奨されています。

パット見て「濃い」と感じる口紅や過剰なアイメイクなどは、保育をするうえで必要ないと判断され、また保護者に与える印象も悪くなる場合が多いです。

社会人のマナーとして、軽いメイクをするくらいに留めておくのが無難といえます。

なお、保育士は園での遊びや散歩の付き添いなど、外に出て日差しを浴びる時間も多いため、UVケアは気を付けておいたほうがよいでしょう。

また、動き回って汗をかきやすいため、崩れにくいメイクを心がけることも大事です。

まつエクについては、園によっては問題とされていませんが、あまりに長いものをした場合は注意される可能性もあります。

保育に支障がない軽いまつエクであれば、ナチュラルメイクの一環として認められることもあるようです。