女性のベビーシッターのキャリアパス・結婚後の生活

女性のベビーシッターの現状

ベビーシッターを含む保育業界は、女性が圧倒的に多いのが大きな特徴です。

保育士や幼稚園教諭などさまざまな職業で女性が活躍しています。

また、近年では保育士やベビーシッターなどの需要が急増しているため求人も多く、一度は結婚や出産で現場を離れたものの再度働いている人も多くいます。

さらにベビーシッターの場合は自宅で自分の子どもを見ながら依頼を受けてほかの子どもを預かるということもできるため、保育園に子どもを預けなくても仕事ができ、ほかの仕事に比べると柔軟な働き方ができるといえるでしょう。

女性のベビーシッターの強み・弱み

女性ベビーシッターの大きな強みは、自分の育児経験が生かせるということです。

結婚や出産をすると、どうしても現場を離れなくてはならない時間があり、一般的な仕事ではその期間はブランクとしてとらえられ、評価の対象とはなりにくいのが現状です。

しかし、ベビーシッターの場合は家庭での家事や育児の経験が直接仕事に結びつくため、毎日の生活が直接評価に結びつきやすく、仕事や再就職へのハードルも低いといえます。

また、依頼者の多くは保護者ですが、仕事を持つ母親が多く、仕事との両立や育児などで悩みなどを抱えている場合も多くあります。

そんなとき、同じように育児をした経験から、母親の悩みを聞いたり気持ちに寄り添ったりしやすいという点も、女性ベビーシッターの強みといえるでしょう。

ベビーシッターの結婚後の働き方・雇用形態

ベビーシッターは、多くの場合自分のスケジュールで働くことができます。

結婚後もベビーシッターをすることはそれほど難しいことではありませんし、家庭と両立したい場合は依頼数を制限したり、時間や日時を限定したりして働くことも可能です。

このように自分の都合に合わせて柔軟な働き方ができるのは、ベビーシッターの大きなメリットでしょう。

ベビーシッターは子育てしながら働ける?

ベビーシッターは、子育て経験が仕事へ生かすことができる仕事です。

そのため、自身も子育てをしながら働くベビーシッターは、多くいます。

子どもが幼稚園や小学校などに通っている間だけベビーシッターとして働いたり、場合によっては自宅で自分の子どもを見ながら仕事をしたりすることもできます。

また、ベビーシッターは依頼者と直前にマッチングすることが多いため、自分の子どもの発熱やイベントごとなどで都合が悪いときには依頼を断ることもでき、ほかの仕事と比べると育児をしながらでも働きやすい仕事といえます。

ベビーシッターは女性が一生働ける仕事?

ベビーシッターは女性が働く上では、家事や子育て経験が活かせる非常に働きやすい仕事といえるでしょう。

また、年齢を重ねても仕事ができたり、自宅で仕事ができたり、自分の都合に合わせた時間だけ働けたりなど、ほかの仕事ではなかなか難しい柔軟な働き方ができることも大きな魅力です。

保育園の待機児童問題や、女性の社会進出により、今後はベビーシッターがより一般家庭にも浸透し、ベビーシッターとして働く女性も増えていくことでしょう。