欧米のキュレーターと日本の学芸員との違い

欧米で活躍するキュレーター

欧米の美術館や博物館は世界的に有名ですが、その施設内には日本の学芸員にあたる職員もいます。

英語でその種の人を指す言葉に「キュレーター(curator)」があります。

ただし、欧米のキュレーターは、日本の学芸員とは仕事の内容や社会的な立場が異なっていることもあり、「学芸員」の意味合いで「curator」を使うと、少し誤解が生じてしまうそうです。

ここではその違いについて詳しく説明しましょう。

キュレーターと学芸員の仕事の違い

雑務もこなす日本の学芸員

まず、欧米のキュレーターと日本の学芸員では、担当している仕事の範囲が大きく異なります。

基本的に日本の学芸員は博物館の幅広い業務に関わる事が期待されています。

仕事には学術的な研究調査や収納物の管理保存などさまざまなものがありますが、業務のなかにはチケットの売り子や帳簿付けや電話連絡など、学芸員というよりは日常の雑務に近いようなものもあるのです。

こうした業務専門にアルバイトの人が雇われてることもありますが、学芸員は博物館で発生してくる多くの仕事に対応することが期待されています。

ときには「雑芸員」と揶揄されることもあるほどに、「博物館の何でも屋さん」として働くのが日本の学芸員なのです。

専門性の高いキュレーター

これに対して欧米のキュレーターは仕事の範囲がもっと限定的です。

特定の分野への専門知識を活かした展示などを立案し、その企画のために中心人物として事務や技術職員などを取りまとめて、仕事を運営していきます。

企画のコンセプトを考え、何を展示し、どんな風に仕上げるかを熟考し、そのために周りの人材も上手にマネジメントする専門家としての役割に特化しているのです。

もちろん展示の企画と進行などは日本の学芸員も行います。

しかし、日本の学芸員はそのための事務的な部分、収集研究などの技術的な部分、一般への説明啓蒙などの広報教育的な部分など、多くの分野に関わることが多いです。

欧米はそれらの職務が分離してそれぞれ細分化されているのに対して、日本は職務としてカバーされてる範囲が広いということが大きな違いといえるでしょう。

キュレーターと学芸員の地位の違い

キュレーターと学芸員では、博物館における地位が違うという点も挙げられます。

日本においては博物館や美術館で働く人の多くが「学芸員」を名乗っていますが、欧米の「キュレーター」は館内での地位が高い人が名乗る傾向にあるようです。

なぜかというと、欧米のキュレーターは展示企画者としての識見と能力が重視されるだけでなく、そのための人材を管理し、動かしていくようなマネジメント能力も要求されるからです。

欧米では、こうした能力を兼ね備えてようやく「私はキュレーターです」と自己紹介できるようになるという風潮があります。

ちなみに、まだ駆け出しのキュレーターの場合には、「アシスタントキュレーター」と呼ばれることもあるようです。

日本の場合は、階級や役職に関係なく、誰もが「学芸員」を名乗るのが一般的でしょう。