1分でわかる「数学者」

仕事内容
数学者は、主に数学の未解決の問題を解き、論文にまとめ、学会で発表することが仕事です。

加えて解析と同様に今までになかった問題を発見することも数学の研究に含まれます。

数学者のほとんどが教育機関に在籍している教員であることもあり、学生や生徒に授業を行うことも主要な業務です。

大学の場合は比較的研究に費やせる時間も多めですが、高専や高校、中学校ともなると、こちらの業務の比重の方が大きくなることも珍しくありません。

また、学会に出席するために国内外問わず出張することが多くなります。

同様に、書籍の執筆や講演など、イレギュラーに入ってくる仕事も多く、研究が進まない期間もあるのが現状です。
なるには
大学院の数学研究科に進学し、博士の取得を目指しましょう。

学部も理学部数学科であることが望ましいですが、理系であれば目指すことは不可能ではありません。

そのためにも高校から理系選択をしておく必要があります。

学生の間に研究実績が作れればその後の進路に大きくプラスになるため、早いうちから研究者としての自覚を持つことが大切です。

学生時代に留学をし、海外で学ぶことも有効です。

その際は研究と並行して語学力向上のための努力も求められます。

各種教員を職業とする傍らで余暇を利用して研究に励む可能性も高いため、大学、大学院在籍中に教員免許は取得しておくとよいでしょう。
給料
国立・公立大学の教授で、平均1000万~1100万円程度。

次いで準教授で700万~800万円、講師で600万~800万円、助教授、助手で500~700万円となっています。私立大学の教授では平均1200万~1600万円程度であるといわれています。

高専の教授の場合、平均年収は750万円ほどです。

賞与は200万円ほどであると公表されています。

研究で功績を修めると報奨金が発生すると共に給与にも反映される場合がほとんどです。

その他、書籍の際の印税や講演、メディア出演の際のギャランティー、教科書や参考書などの監修の際の手当といった副収入もあります。
将来性
研究だけで生計を立てるまでに至るのは狭き門です。

これは今も昔も同様であり、今後も大きく変わることはないと考えられます。

さらに、最近では大学の学部学科の改組が相次いでおり、数学科も例外ではありません。

一方で金融機関において理系出身者を特別枠で採用するケースが出始めています。

万国共通の学問であるという特性を生かし、海外に活躍の場を求める人も増えてきています。

優秀な学生を海外に留学させるための助成金を設置している大学も多く、中には数学に特化したプログラムも散見されます。