高校教師は夏休みをどのように過ごしている?

学校が夏休みでも高校教師は休めない

学校が休みでも、教師は休みではありません。

たとえ授業がない日でも教師にとっては勤務日のため、いつも通り出勤し勤務時間も変わりません。

昔は学校の休み期間は教師も休みをもらえていましたが、現在では夏休みに長期間休む教師はまれです。

近年は進学する生徒のために夏季講習を行ったり、普段はゆっくりと行うことができない教材研究をしたりと、夏休み期間中も教師は普段通り働いているのです。

夏休み期間はより多忙になることも

生徒が休みの期間は授業をすることがないためゆっくりできるのではないかと考える人も多いでしょう。

しかし、この期間は教育機関が主催する会議や研修に参加したり、より質の高い授業をするために研究授業を行ったり、新人教師の教育をしたりなど、多くのことをこなさなくてはならないのです。

特に模擬授業では、教育委員会など教員としてキャリアを持つ人に対し授業を行わなくてはならず、そのためには多くの準備期間を割かなくてはならないため、非常にプレッシャーを感じる人も多いようです。

後期にかけての準備期間

もちろん、後期にかけての授業計画やカリキュラム作成も大きな仕事の一つです。

夏休み明けから秋にかけては多くの高校でさまざまなイベントが行われます。

その準備や期間中は授業のコマ数が少なくなってしまうため、そうしたスケジュールに配慮した計画をたてなくてはなりません。

また、3年生を受け持っている場合は、受験勉強の追い込み時期として、模擬テスト、進路相談、センター試験対策などもプラスされます。

部活動への参加や大会の引率

もちろん部活動の顧問を受け持っているのであれば、毎日部活に参加しなければなりません。

スポーツ系では生徒たちの熱中症やケガなどに対しても注意を払わなければなりませんので、非常に神経を使います。

また、夏休み期間は大会や練習試合などが行われることも多いため、遠方に行く際には生徒を引率しなくてはならないこともあります。

高校教師の夏休みはいつ?

高校教師には、他の公務員と同様夏季休暇が与えられています。

近年ではお盆前後を学校の休業日とし、夏季休暇の取得奨励日として学校を締め切ってしまうところも多く、ほとんどの教師はお盆前後には休めるようになってきています。

夏季休暇のほかに有給休暇を使ったり、行事などで出勤した際の振替休日を利用したりすれば、より長い休みを取得することもできます。

教師は普段授業や部活などによって有給休暇を取得しづらい分、夏季休暇に合わせて取得する人が多いようです。

普段は授業や部活などがあり自己都合で自由に有給が取りづらいため、学校の夏休み期間中に有休を使って長い休みにする教師もいます。

ただし、学校の状況や部活の受け持ちなどによっては5日間全部を取得できないことも少なくなく、夏休み期間とはいえゆっくり休めないという認識を持っておいたほうがよいでしょう。