養護教諭のやりがい・楽しさ・魅力

養護教諭のやりがい・楽しさ

子どもたち全員の先生でいられる

複数配置の大規模校でない限り、基本的に養護教諭は各学校に一人です。

よって、養護教諭は一手に全校生徒の心身の健康状態を把握することになります。

一般の教員であれば、担任しているクラスや部活動の生徒たちといった、限られた子どもとしか接する機会がありません。

しかし、養護教員は健康診断などを通じて生徒全員と関わることができます。

もちろん、個々の児童・生徒との関わりには密度の差がありますが、子どもたちみんなの「保健室の先生」であることに誇りを感じます。

「先生はうちの学校の中で一番、頼りになるね」と言われたときには、涙が出そうなくらいうれしいでしょう。

「成績をつけない先生」であること

他の教員と養護教諭の違いの一つに、「成績をつけるかどうか」ということが挙げられます。

学校ではどうしても学業が優秀である生徒や、部活動・生徒会などの特別活動で活躍している生徒に注目が集まりがちです。

ですが保健室では、どんな児童・生徒も等しく「その学校の大切な子ども」という見方で接することができるため、子どもたちは心を開いて話しかけてくれます。

担任や部活動顧問とは違った角度で、その児童・生徒のことを見つめられる立場にある点も、養護教諭の醍醐味です。

子どもたちの支えになっている実感

保健室には、ケガや体調不良などで来室する児童・生徒だけでなく、もっと深い悩みを抱えて「学校に行きたくない」「授業を受けたくない」などと話す児童・生徒もやってきます。

養護教諭はときにそんな子どもたちと向き合い、話を真剣に聞き、声をかけることがあります。

子どもが問題を抱えて苦しんでいた時期には心配しますが、それでも無事に卒業式を迎え、立派な姿を見せてくれたときには本当に感動します。

学習、友人関係、部活動、家族との関係など、子どもたちにはそれぞれ悩みがあり、日々の生活は決して平穏ではありません。

そんななか、生徒たちが少しでも心を楽にして本音を語ることができる場所が保健室だったのだ、と思えるときに大きなやりがいを感じます。

養護教諭(保健室の先生)の仕事内容

養護教諭の魅力

養護教諭は「教諭」、つまり学校の先生ではありますが、医療・福祉・保育などの領域と関連性の高い業務を担当します。

実際、「看護師」の資格を取得して養護教諭になる人もいますし、「保育士」や「心理カウンセラー」などの経験を生かして養護教諭として活躍する人もいます。

このような資格や経験なく、学校を卒業してすぐ養護教諭になった場合も、働きながら関連領域の勉強を続ける人は多いです。

養護教諭は、学校に通う児童・生徒の心と体の健康を守ることはもちろん、救急処置や健康づくりのための教育や情報提供、学校の環境衛生などにも幅広く関わるため、自分の知識が深まれば深まるほど、たくさんの子どもたちを支えることができます。

教科を教える先生とは別の立ち位置で、医療・福祉・保育などの専門性を身につけながら働けることは、養護教諭ならではの魅力といえます。