小学校教師のつらいこと・大変なこと・苦労

小学校教師のつらいこと・大変なこと

 

時間外業務が多い

小学校教師は、多くの場合、担任として1クラスを担当し、すべての科目の授業を行います。

幅広い分野についてオールマイティにこなす能力が求められ、授業の下準備に毎日追われます。

その他にも宿題の点検、テストの作成と採点、通知表、学級だよりの作成、イベントの企画準備など、多くの業務があります。

授業の合間の休憩時間は児童との関わりや次の授業の準備があるため、先に挙げたような業務は、放課後に残業をしてこなすことになります。

過労死ラインとされる月に100時間にせまる勤務を行う小学校教師も少なくないとされ、最近では社会問題にもなっています。

さらに小学校教師の残業は一部の上席からの指示を除き、自発的なものとされ、残業代の支給がないことが一般的です。

「子どもたちにより良い授業や指導を」と思えば思うほど、自分のプライベートな時間を犠牲にしなくてはならない現状があります。

児童数が多い

小学校教師は、担任を受け持つ学級の児童の性格や学力、人間関係、家庭の様子などを把握しておかなければなりません。

1クラスあたりの児童数は、低学年の1、2年生を除き、30~40人学級の自治体が多いとされています。

児童数の増減によって1学級の児童数も変化するため一概には言えませんが、30人を超える児童を1人の教師が受け持つとなると大変です。

とくに友だち関係には配慮が必要です。

一人ひとりの児童の性格と人間関係を照らし合わせ、班編成や当番、係などのグループ編成を行わなければならないからです。

失敗すると、仲間はずれやいじめにも繋がってくるため、神経を使います。

40人の児童に細やかに目を配ることは、実際には難しい場面もあり、歯がゆさを感じる局面もあります。

児童の安全面確保

小学校には6歳~12歳の児童が通学します。

低学年の児童の場合、危機管理能力や予見能力が未熟です。

遠足や運動会などのイベントだけでなく、プール、調理実習や裁縫などの授業も含めて、児童が安全にケガなく過ごせるように神経をつかいます。

休憩時間も児童同士のケンカや、トラブルによるケガがないように見守る必要があります。

児童数が多い中で、子どもたち一人ひとりをフォローすることは大変です。

最近では通学路での安全確保も大きな課題となっており、小学校教師にとって気の休まる時はありません。

小学校教師の悩み

 

学習以外の指導の難しさ

小学校は、算数・国語という学習以外に、今後生きていく上で必要な力を養う場でもあります。

小学校教師の重要な業務として生活面での指導があり、最近は昔に比べ、その比重が高まり小学校教師の負担が増えています。

昔は、掃除の仕方や食事の仕方、服の着替え方などの基本的生活習慣は家庭で身につけるというのが主でした。

それが、現代では共働きの家庭やシングルマザーの家庭なども増えており、なかなか生活習慣を家庭で指導をするのが困難になっている状況です。

そのため、学校で指導しなければならない児童が増えてきています。

実際、箸の正しい持ち方ができない児童や、好き嫌いの多い児童も少なくないようです。

箸の持ち方はきちんとできるようになるまで時間がかなりかかりますが、粘り強く指導します。

こうした生活面での支援・指導に時間が費やされると同時に、これらは家庭との連携が必要なことも多いです。

しかし、保護者から教師に丸投げされたり、指導しても児童からの反発があったりと、指導が難しく悩むことは多々あります。

保護者対応

小学校は中学や高校に比べ、家庭との距離が近いという特徴もあります。

当然、保護者と話す機会も多く、保護者からの要望や問い合わせに対応することも小学校教師の仕事です。

児童の学習相談やいじめなどの問題など、素早く真摯な対応が求められるものもあります。

しかし、最近はモンスターペアレントといわれるような理不尽な要求をする保護者も増えており、その対応に悩まされる教師もいます。

小学校教師を辞める理由で多いものは?

 

精神疾患

小学校教師は時間外労働が多く、肉体的にもハードな仕事です。

さらに生徒や家庭の多様化により、生活面の指導も難しくなっています。

理不尽な保護者からの要求、学級運営の難しさにより、精神的に疲弊してしまう教師も多いです。

とくに不慣れな新人教師は、精神疾患を理由とした退職が増加しています。

ベテラン教師も忙しいため、なかなか新人をフォローする余裕もないというのが現状です。

また公立小学校教師は、定期的に異動があります。

異動地域によっては、家庭環境が劣悪で、生活水準も低く、問題を起こす生徒が多い小学校もあります。

学級崩壊、保護者のネグレクト、貧困問題など教師一人では抱えきれない問題が山積みになり、うつ病を発症してしまう人もいます。

家庭の事情

結婚や出産、介護などのライフスタイルの変化により退職せざるをえないという場合もあります。

たとえば、県外の配偶者の転勤についていくために、教師を辞める女性教師も多いです。

働き方への不安・不満

小学校教師は授業の下準備などが必要なため、時間外労働はつきものです。

しかし、多くの場合、残業代はでません。

また最近は土曜日に授業を行ったり、クラブ活動を行ったりする学校も多く、休みも週1日と一般企業より少ないケースもあります。

夏休みなどの長期休暇中に有給をまとめて消化することもありますが、基本的に通常の平日に有給を取得することはタブー視されます。

児童や学校のために頑張れば頑張るほど、自分のプライベートを犠牲にすることになります。

そのような働き方に疑問を感じ、一般企業に転職する人もいます。