科学者の仕事内容

科学者の仕事とは

「科学者」というと、専門的で難しいことをしているイメージが持たれがちですが、一般には科学の研究を続けている人全般のことを指します。

とくに自然科学の研究をする人が多く、物理学、化学、生物学、数学、医学、薬学、天文学、生理学といった学問を研究する人が、科学者と呼ばれます。

科学者に共通しているのは、科学に関する高い専門知識を持ち、研究を続けていることです。

科学者の業務の内容

科学者の業務のひとつは、研究内容を論文にまとめ、発表することです。

新たな知見を見つけて実験や研究を行い、世に発表し、認められることを目指していくのが科学者の大きな仕事です。

科学者のさまざまな研究内容が形になれば、これまでにない新しい生物が見つかったり、製品が生み出されたり、病気を治すことができるようになったりします。

社会を発展させ、見えないところで人々の暮らしをより豊かにしていくためには、科学者の活躍が欠かせません。

科学者の役割

社会を発展させる

科学者は、おもに自然科学に関する研究を行い、まだ解明されていないことや、見つけられていないことを発見し、世の中に発表します。

多くの科学者は、自ら興味のある分野を専門とし、それに関する研究をひたすら続けていきます。

いま、私たちの豊かな生活が成り立っているのも、便利な製品の基となる新しい技術を発見したからです。

また病気の治療法が解明されるのも、これまでに活躍してきた科学者の地道な研究があってこそです。

とくに日本は天然資源が乏しい国であることから、経済成長や豊かな生活水準を維持するために、科学技術の発展が欠かせないものとなっています。

日本からもこれまでのノーベル賞受賞者をはじめ、さまざまな科学者たちが輝かしい功績を残しています。

論文の評価が重要

科学者の活動内容は、発表された研究論文によって判断されます。

研究論文は「学術誌」といわれる専門誌に掲載されますが、学術誌はランク付けされており、権威あるものに掲載されると、それを執筆した科学者は世界からの注目を集めるようになります。

なお、ある科学者が行った研究結果をまとめた論文の内容を、他の科学者が再現できるかどうかというところも重要な要素です。

再現が可能なものであれば、その後、さまざまな場所で応用することが可能になってきます。

科学の進歩に寄与する存在

科学者は、科学の進歩に大きな影響力を与える存在です。

もちろん、そのためにはどれだけしっかりと研究を行えるかがポイントになります。

またその当時では評価されなかったものが、何年も後になって評価され直すといったこともあります。

科学発展のためには、つねに新しい優秀な人材が登場し、これまでにない科学への挑戦を続けていくことが欠かせません。

科学者の勤務先の種類

科学者と呼ばれる人たちの多くは、大学や大学院、あるいは民間の研究機関に勤務しながら、専門分野の研究を続けていきます。

科学者は「大学教授」である人もいれば、「会社員」である場合もあり、働き方は人それぞれです。

若手研究者の多くは、大学や公的研究機関、民間企業などで「ポスドク」という立場で研究を続けています。

その不安定な身分から、早いうちに科学者の道で生き続けることを諦めざるを得ないこともあるようです。

科学者の就職先・活躍の場