このサイトは予備校講師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「予備校講師」

仕事内容
予備校講師は、主に高校生や高卒生を対象とする予備校で、各教科の講義を行う仕事です。学校の補講を中心に行う予備校もありますが、大学受験対策を行うことが多いため、受験に関する最新知識も持っておく必要があります。また、担当する教科についての高い能力を有しているばかりでなく、内容をわかりやすく生徒に指導する力、生徒から信頼され得るだけの人間性、コミュニケーション能力など、さまざまなスキルが求められます。
なるには
予備校講師は、学校教員のように特別な免許を持っていなければならない仕事ではありません。しかし、高い目標を持った学生が集まる大手予備校では、東京大学をはじめとする超一流の大学を出ていなければ、採用してもらえないことがあります。また、未経験者がいきなり有名予備校で働くのは難しいため、まずは家庭教師や塾講師などの経験を積み、指導スキルを磨いていく必要があります。アルバイトの講師として働く人も多くいます。
給料
予備校講師は、経験を重ねて任される講義の量や責任が増えていくに従い、給料も上がる傾向にあります。平均年収は400万円程度ですが、常勤講師となり、さらに科目責任者になることで、もっと高収入が得られる可能性もあります。また本の執筆や講演を行い、高収入を稼ぐ人もいます。人気が高まるほど、給料も上がっていくので、いかに講師としてのスキルを高め、生徒からの信頼を集められる存在になれるかが、成功するためのポイントと言えるでしょう。
将来性
最近では人気の予備校講師が「カリスマ化」されることも多く、注目が集まっています。いくら学力が高い優秀な講師であっても、生徒に対する接し方や人間性に問題があっては、この仕事を続けていくのは難しいと言えます。さらなる少子化が進むとされている中、各予備校や講師同士の競争はますます厳しくなっていでしょう。予備校講師としての地位を確かなものにするには、豊かな人間性を身につけることと、日々たゆまぬ努力を続ける姿勢が必要です。