このサイトは学芸員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「学芸員」

仕事内容
学芸員は、美術館や博物館、動物園などの文化施設に勤務し、作品や資料の収集、管理等を専門的に行う仕事です。具体的には、資料の収集や整理・保管、専門分野の調査や研究活動、展覧会の企画・運営など、その業務内容は多岐に渡ります。コツコツとした作業もありますが、市民や利用者と直に接して資料についての説明をしたり、地域のカルチャースクールなどで講演を行ったりすることも多く、教育・普及活動にも積極的に取り組んでいます。
なるには
学芸員として働くには、国家資格である学芸員の資格取得が必要です。資格を得るにはいくつかの方法がありますが、最も一般的なものは国が定める博物館に関する科目を置く大学や短大で必要科目を修得し、卒業する方法です。また、大学から学芸員資格認定試験に合格することなどでも、学芸員の資格が与えられます。ただし、資格を持っていても就職できるとは限らず、まずはアルバイトとして働きながら正社員を目指す人も多くいます。
給料
学芸員の給料は、正規職員の場合、年収にして250万円~400万円程度が相場となっています。公立の文化施設に就職すれば公務員として安定した給料や待遇の下で働けますが、採用募集数は多くないため、倍率は高いものとなりがちです。また、近年は経費削減の流れも出ており、アルバイトや臨時職員としての採用が主流となっているため、安定して働くことを望む人にとっては、非常に厳しい世界だと感じるかもしれません。
将来性
博物館等の文化施設の数は緩やかに増加しており、学芸員のニーズもそれなりにあると言えます。しかし、時代の流れとして公務員の給与は削減される傾向にあり、学芸員だから安定して働けるという考え方が通用しなくなっています。「アルバイトや臨時職員でもいいからこの仕事に就きたい!」と言う人は多いため、今後も待遇が大きく改善されることは考えにくいでしょう。仕事への情熱と意欲がなければ、続けていくのは難しい仕事と言えます。