このサイトはスクールカウンセラーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「スクールカウンセラー」

仕事内容
スクールカウンセラーは、心理学の知識を持ち、学校に通う年齢の子どもたちの心のケアを行う専門家です。対象者の悩みをしっかりと聞いて気持ちを受け止め、身に付けた専門知識やカウンセリングの技法を生かしながら、子どもたちが抱える問題を解決させるためのアドバイスや周囲への働きかけを行います。教師とは異なる、学校における第三者の立場として、子どもたちが健やかな学校生活を送るために活躍します。
なるには
スクールカウンセラーになるために絶対に必要とされる資格はありませんが、子どもたちの心の問題に寄り添う専門職であることから、実際の現場では、「精神科医」や「臨床心理士」の有資格者が多数活躍しています。とくに、心理系の民間資格のうち最も権威があるとされる臨床心理士資格を取得することで、優遇されるケースも多いようです。採用募集情報は、ハローワークや各都道府県の教育委員会のホームページなどから探します。
給料
スクールカウンセラーは、その大半が「非常勤職員」として働いています。そのため、給料は時給にして3,000円~5,000円程度となりますが、フルタイムではなく、週に数日、1日あたり数時間程度のみ勤務する形をとっている人が多くなっています。非常勤の場合、ボーナスや諸手当などの福利厚生面もあまり整っているとはいえず、生活を成り立たせるために、学校以外で心理カウンセリングの仕事を掛け持ちする人も少なくありません。
将来性
「いじめ」を発端とするこころの問題が複雑化し、現在の日本では国の通達により、全国の学校にスクールカウンセラーを配置する取り組みが積極的に進んでいます。また、この仕事では子どもたちのみならず、教師や保護者をサポートする役割も期待されており、果たす役割は社会の変化とともにさらに大きくなっています。しかしながら、まだ決して「働きやすい」環境が整っているとはいえず、雇用形態や待遇面等に関する整備が課題となっています。