日本語教師は副業・在宅でも働ける? オンライン日本語教師とは?

日本語教師の副業・在宅での働き方・仕事内容

ダブルワークをしている日本語教師は多い

日本語教師はおもに日本語学校やスクールに勤務し、そこに集まった生徒たちに日本語を指導していきますが、なかには副業として日本語教師をしている人や、在宅での勤務をする人もいます。

非常勤講師として働く人が多い日本語教師は、どうしても安定した収入を見込みにくい面があります。

そのため、経験が浅く非常勤でしか働けない場合には仕事をかけもちして、この仕事を続ける人も少なくありません。

とくに若い日本語教師の卵は、いつか常勤講師になることを夢見てアルバイトをかけ持ちしている人が多いです。

昼は日本語学校で非常勤の日本語教師をし、夜はレストランで働くといったように、ダブルワークで生活することもあります。

オンラインで日本語教師の仕事をする人も

日本語教師としての知識やスキルがある人は、在宅でも日本語を学びたいと考える生徒を集め、個人レッスンをすることが可能です。

また、なかには「オンライン」という形を活用しながら日本語教師として働いている人もいます。

オンラインでの日本語教師は、パソコンやインターネット、スカイプ、ヘッドセットなどを使い、パソコンの画面の向こう側にいる生徒に日本語を教えていきます。

教室で指導するのとは異なり、インターネットさえつながれば、世界中どこにいる生徒に対しても日本語を教えることが可能です。

オンラインではマンツーマンレッスンが主流となっており、教師は個々のレベルに応じたレッスンを提供します。

副業・在宅の日本語教師として働くには?

副業・在宅でも日本語教育に関する知識やスキルは必要

外国人に対して日本語を教える日本語教師は、誰にでも簡単にできる仕事というわけではありません。

副業や在宅で働く場合でも、日本語学校・スクールに勤務する場合と同様、それなりの勉強が必要になると考えておいたほうがよいでしょう。

オンラインの日本語教師の求人は、オンライン日本語教育サービスを提供する語学学校やスクールのホームページを中心に掲載されています。

採用条件は、国内の一般的な日本語教師と同じく、「日本語教師養成講座420時間修了者」「日本語教育能力検定試験合格者」「大学で日本語教育を主専攻または副専攻履修者」のいずれかを満たす人となる場合がほとんどです。

また、オンラインで教える場合は、生徒が日常的に使う言語(英語など)を使って日本語を教える「間接法」での指導が中心となるため、日本語以外にも英語をはじめとする外国語の能力も問われます。

また、パソコンやウェブカメラ、ヘッドセットなどの授業で使うインフラを整える必要があります。

オンラインで受講する生徒はどんな人?

オンラインで日本語を教わりたいという人はたくさんいます。

たとえば外国から日本に来た留学生、日本への留学を希望する外国人、日本企業に就職をした外国人、海外の現地校に通う日系の子どもたちなどです。

とくにアジア圏での需要が大きくなっていますが、アメリカやヨーロッパでの需要もあります。

オンラインであれば時間や場所の制限を受けにくく、個々の生徒のさまざまなニーズに対応しやすいというメリットがあります。

普段は教室での指導を行いながら、空いた時間を使ってオンラインでの日本語教師をしている人もたくさんいるようです。

ボランティアで日本語教師の活動をする人も

日本語を教えることは、必ずしもお金をもらってするばかりではありません。

よく国際交流の一環で、「外国人と言葉や文化を教え合うということが好き」と話す人もいます。

そういう人たちは、ボランティアで日本語を教えることがあります。

公共施設や学校で、あるいは地域の異文化交流会などで、日本語を教える方法を学んだ能力を活かすことができます。

ボランティアとはいえども、公的な機関で日本語を教える担当をする場合はある程度の責任がついてくるでしょうし、わずかな礼金が手に入る場合もあるようです。

しかし、それで生計が立てられるわけではありません。

地域にとってかかせない日本語教育のプロのはずであれども、ボランティアとなれば金銭的な対価は低いというのが実情です。

副業の日本語教師のメリット・デメリット

副業の日本語教師として働くメリットは、日本語教育に関する知識・スキルを生かして、自分のペースで仕事ができることです。

外国人留学生が増えている現在では日本語教育のニーズも増しており、日本語教師の活躍の場も広がりを見せています。

とくにオンラインでの指導は、生徒にとっても「学校に通わなくていい」「費用を抑えられる」など負担が少なく、人気があります。

ただし、いくら副業や在宅で仕事をするとはいっても、先生という立場になる以上、自分自身が日本語についてよく理解し、確かな指導力を身につけている必要があります。

在宅ワークのなかには誰でも手軽に始められるものもありますが、日本語教師の場合、趣味感覚の軽い気持ちではできないため、時間とお金をかけて養成講座で学んだり、検定試験への合格を目指すといった努力が欠かせないところは、大変な一面だといえるでしょう。

副業の日本語教師の給料・年収

副業として働く日本語教師は、どのような仕事の仕方をするかや、どの程度働くかによって、収入が大きく変わってくるといえるでしょう。

オンラインでガッツリと仕事をする場合には、スクールに勤務する日本語教師と同じくらいの収入を得ることも不可能ではありません。

ただし、実際にはそこまでよい収入が得られる案件はあまり多くなく、別に仕事を持ちながら、空いた時間を使って少しだけ稼いでいるケースも多いようです。

とはいえ、たとえ報酬が低くても、副業や在宅での仕事でも日本語を教えるチャンスと捉えて継続していくことで、そのうちにより待遇のよい仕事に結びつくことがあるかもしれません。

日本語教師は、もちろんなるための勉強も不可欠ですが、現場で経験を積むなかで気付き、成長できるチャンスがたくさんあります。

別の仕事を確保したうえで、休みの日などを利用して日本語教師として非常勤やアルバイトとして働くうちに、常勤の日本語教師になるための実力をどんどんつけていく人もいるようです。

働き方は関係なく、日本語教師という職業に興味があるのであれば、海外の人に日本語を教えることができる機会を見つけて積極的に参加してみることをオススメします。