このサイトは日本語教師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「日本語教師」

仕事内容
日本語教師は、日本語以外の言葉を母国語とする外国人に対して、日本語を教える仕事です。国内の日本語学校やスクール、家庭教師などで教えている人もいれば、海外の大学や日本語学校、発展途上国で活躍する人もいます。高い日本語能力と、わかりやすく教える指導力やリーダーシップが求められます。さらに、国籍や年齢、生活習慣、文化や宗教などが異なる生徒たちと接するため、一人ひとりの個性や価値観を認めることも大切です。
なるには
「教師」といっても日本語教師の場合、必須の資格があるわけではありません。ただし、教えるにはきちんとした知識と指導方法を身につけている必要があるため、多くの日本語学校では教師採用基準として「日本語教育能力検定試験を受けて合格すること」、もしくは「日本語教師養成講座を420時間以上受けて修了すること」が掲げられています。また、大学で日本語教育専攻を修了している人も、日本語教師として活躍しています。
給料
この仕事は多くの場合、非常勤としての採用が中心となっています。そのため、毎月固定給がもらえるわけではなく、時給1800円~2000円程度で複数の学校を掛け持ちして働く人は少なくありません。担当する授業が増えれば収入は増えるものの、がんばっても年収300万円程度という人が多い世界です。ただし、常勤になれば安定した待遇の下で働けるほか、日本語教育の研究者としての地位が認められると、もっと多くの収入を得られる可能性もあります。
将来性
経済情勢の衰えにより、外国から見た日本語の必要性は一時期に比べると低下していると言われます。しかし、日本のカルチャーは海外で評価が高く、日本に興味を持ち、留学する若者も多くいます。また、アジアの途上国では日本語教育の需要が高まっており、活躍できるチャンスはまだまだあるでしょう。ボランティアで働く人も多いため、安定した生活を望むのであれば、誰にも負けない専門知識を身につけ、自分自身を高めていく必要があります。

仕事体験談