「日本語教師」とは

日本語の背景にある習慣や文化、歴史を伝えながら、外国人に日本語を教える先生。

日本語教師は、国内や海外において、外国人に日本語を教える仕事です。

正しい日本語の発音や文法、読み書きを教え、日本語能力を身につけさせるように教育をします。

日本語だけでなく、日本の文化や習慣、歴史などを教えるのも日本語教師の役割です。

国内の日本語学校だけでなく、海外の大学の日本語科や日本語学校のほか、途上国で教えている人もいます。

日本語教師になるために必須の資格はありませんが、日本語能力検定試験の資格を求められることがあるので、できれば取得しておいた方がよいでしょう。

専任教師の枠が少ないため、ほとんどの日本語教師は、非常勤講師として複数の職場をかけ持ちながら働いています。

そのため、収入は不安定であることが多くなります。

「日本語教師」の仕事紹介

日本語教師の仕事内容

外国語を母語とする人に日本語を教える

日本語教師は、外国語を母語とする人に、外国語として日本語を教える日本語学を専門とする教師です。

日本語教師は、海外で育ったり、外国からやってきたりした人に日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えます。

外国人に日本語を教えるためには文法などの専門的な知識や指導の技術が必要となります。

外国人には理解しにくいところを察知し、わかりやすく教えることが必要です。

また、日本の文化や生活習慣、歴史、日本人のマナーなども伝える役割があります。

日本語を学ぶ学習者の国籍・言語・文化はさまざまです。

そうした外国人に対して、日本語教育をどう進めていくのか、どうしたら理解しやすいか、効果的に教えられるかを考え、授業に臨みます。

日本語教師の就職先・活躍の場

国内だけでなく海外にも需要が

日本語教師の働く場は世界中にあります。

日本国内であれば、留学生を対象とした大学や民間の語学学校、ビジネスマンやその家族を対象にした日本語教室などで働きます。

海外では、小・中・高校や大学の日本語学科、民間の語学学校のほか、個人で教室を開き日本語を教えている人もいます。

また、途上国などにおける青年海外協力隊においても、日本語教師が活躍しています。

ビジネスに必要な日本語の指導をしたり、論文指導をしたり、子どもたちに折り紙や日本の歌を紹介したりするなど、指導内容はさまざまです。

日本語教師1日

日本語学校で働く日本語教師の1日

8:00 出勤
朝は通常の学校の先生と同じように学校に出勤します。
身なりはスーツやジャケットなど、きちんとした服装を身につけます。

9:00 授業開始
1コマは90分です。
学校に到着すると、職員会議でその日の連絡事項や報告事項を共有します。
外国人の漢字文化圏ではない学習者には、漢字への興味をどう引き出すかを考え、ゲーム形式で行うなど授業にはさまざまな工夫を凝らします。

12:00 昼食

14:00 空き時間
授業のない空き時間は、テストの採点などを行います。
その他に、教案や文型の練習問題を作成します。

17:00 放課後
放課後は学習者とコミュニケーションを積極的にとり、日本語の勉強や日本での生活に不安を抱える学習者に対し生活指導を行うこともあります。

18:30 退勤

日本語教師になるには

教員免許は必要ない

日本語教師は、「教師」といっても、小中学校・高校で働く教師のように教員免許を取得しなくてはならないということはなく、誰でも日本語教師になることができます。

しかし、日本語教育の現場は専門性が高いことからまずは大学や短大、専門学校で日本語教育科目を履修したり、日本語教師養成カリキュラムを修了したりするなどして、日本語そのものについて学び知識を得る必要があります。

それと同時に、日本語の指導方法についての正しい知識やスキルを身につける必要があるといえます。

日本語教師の学校・学費

専門学校や大学で学ぶ

現在、日本語教師は国内の多くの日本語学校において、以下の3つの条件のいずれかを満たすことが求められています。

1.四年制大学において、日本語教育を主専攻または副専攻にて修了する
2.財団法人日本語教育振興会が実施する「日本語教育能力検定試験」に合格する
3.民間が主催する420時間以上の日本語教員養成講座を修了する

日本語を勉強できる専門学校や民間のスクールは数多くあります。

ただし日本語学校によっては「四年制大学卒以上」の学歴を採用条件に加えているところもあるため、大学を卒業していれば就職先の選択肢は広がるでしょう。

日本語教師の資格・試験の難易度

「日本語教育能力検定試験」に合格する

「日本語教育能力検定試験」は、日本語教師の力量を示す検定試験です。

独学で勉強することは不可能ではありませんが、出題範囲が非常に幅広く、合格率も例年20%程度のため、多くの人が専門学校に通って勉強をしています。

この検定試験に合格すると、民間の日本語学校やスクールに採用される可能性が高まるため、日本語教師になるための目標として頑張っている人が多いようです。

また「420時間以上の日本語教員養成講座」も、同様の力量があると認められ、通学制だけでなく通信制の講座も用意されているため人気があります。

日本語教師の給料・年収

国内と海外で異なる

日本語教師の給料や待遇は、雇用先や雇用形態などにより大きな違いがあります。

日本語教師は常勤では月収は20万円前後となり、非常勤の場合は1コマあたり1,800円から2,000円ぐらいの報酬が相場となっているようです。

海外で働く日本語教師の場合、勤務先は圧倒的にアジア圏の貧困・低所得の国からのものです。

給与や待遇面は、国や勤務先によってさまざまで現地の国の所得水準並み、またはそれよりも少しよいぐらいのところが多いといわれています。

現地の給料で生活は可能ですが、医療・衛生面やインフラなどの面で日本のような快適な暮らしは望めないでしょう。

日本語教師のやりがい、楽しさ

直接的に人の役に立てる

日本語教師は、相手がそれまでわからなかったことが、自分が教えたことによって「わかった」に変わる瞬間に日々立ち会います。

誰かの力になったという気持ちが沸き起こりますし、その喜びが教師として何よりの力になります。

自分が教えた日本語が生活の中で役立ったといわれたときは、何にも代えがたい達成感を感じるでしょう。

また、日々多くの学習者と接することで、自分も世界が広がり知識が増えていきます。

学習者からの学びによって、自分も教師として成長していくことができる仕事です。

日本語教師のつらいこと、大変なこと

価値観の違いに直面する

日本語を教える学習者には、さまざまな文化圏の人がいます。

もともと「先生のいう通りにする」「授業は静かに聞く」という価値観がないため、時間を守らなかったり、約束を守らなかったり、授業中に騒いだりというさまざまな弊害が起こることがあります。

それぞれの国の習慣や価値観を理解しなくては、トラブルが起こってしまいかねませんし、頭ごなしに怒ったりすれば相手の生まれ育った文化を否定してしまうことになります。

相手を尊重したうえで、しっかりとコミュニケーションを取りながら、日本の習慣や価値観を教えていくのは骨の折れる作業です。

日本語教師に向いている人・適性

異文化や外国語に興味がある

さまざまな学習者に対応するためには、世界の歴史や経済、国際情勢など、日ごろから関心を持っていることが大事です。

学習者との関わりには、異文化を受け入れ、根気強く向き合う必要があるためです。

また、外国語に関心のある人や外国語の学習経験がある人は仕事の上で大いに役立ちます。

学習者の大変さやどういうところが難しいのかが分かり、言葉に敏感であることで、学習者への理解につながります。

日本語教師は日本語を話すだけではなく、外国語に関心を持って学習者とのコミュニケーションを図ることが大事です。

日本語教師志望動機・目指すきっかけ

日本の魅力を伝えたい

日本語教師を目指す人は、「日本の魅力や日本語の美しさをたくさんの人に伝えたい」「外国人とコミュニケーションがとりたい」といった気持ちを持っていることが多いようです。

まれに「外国語のスキルを生かしたい」という志望動機の人がいますが、国内の日本語学校ではたいてい、日本語を使って日本語を指導していきます。

外国語のスキルは思っているほど役立たせられないことも多いため、志望動機として前面に押し出さないほうがよいでしょう。

日本語教師の雇用形態・働き方

国内と海外で歯異なる

国内で働く日本語教師の場合、学校と直接雇用契約を結んで働く、常勤講師が正規社員にあたります。

現在のところ日本語教師として働いている人たちは、パートやアルバイトなどで働く非常勤講師が大半です。非常勤講師は労働時間が少なく、賃金は時給で支給されます。

そのほか、副業としてアルバイトやパート、ボランティアで活動する人も少なくありません。

海外の日本語学校の多くは、常勤の日本語教師がほとんどです。

雇用契約を結ぶときに、どれくらいの滞在許可または労働許可が得られるのかしっかりと確認することがとても大切です。

日本語教師の勤務時間・休日・生活

国内と海外の場合

日本で働く場合、常勤か非常勤かで、勤務時間は異なります。

常勤で働く場合は、およそ1日8時間程度で働きます。

非常勤であれば、週に2日、3日の出勤で、勤務時間も短く、担当のコマ数のみをこなします。

授業のコマ数だけが日本語教師の業務ではなく、事前準備やテストの作成・添削、文書管理など多々あります。

海外で働く場合、週のコマ数や時間は学校によって異なります。

月60時間程度といったような大まかな求人もあり、常勤であってもコマをこなせば特に勤務時間が決まっていないところもあります。

日本語教師の求人・就職状況・需要

まずは国内の日本語学校から

日本語教師をしている人の大半は、民間の日本語学校で、おもに「非常勤講師」の形で働いています。

通常は非常勤講師からはじめ、経験を積み、数年後には専任講師になるといったパターンが一般的です。

専任講師になると、給料は20万円前後で社会保険にも加入ができるため、生活は安定するでしょう。

こうして国内の日本語学校でスキルを磨き、海外へ進出するという人も少なくありません。

特に近年アジア圏での日本語教師の求人数は多く、仕事のチャンスは広がっています。

日本語教師の転職状況・未経験採用

一人前になるには時間がかかる

まず、日本語教師に転職をしたいと思っても、何の専門的な勉強もしたことがなかったり、関連する資格を持っていなかったりする人では、転職が難しいため注意が必要です。

また日本語教師は魅力ある仕事ですが、実際の教育現場では正社員ではなく、非常勤で働く人も大勢います。

この職業は経験が重視される傾向が強く、一人前になるためには時間がかかるためです。

転職を目指す場合、収入や待遇面で不安定になる可能性が高いため、その点も理解しておいたほうがよいでしょう。

日本語教師の現状と将来性・今後の見通し

世界の中の日本語の需要

現在、世界中では英語の学習者が多く、近年では経済成長の発展とともに、中国語の学習者も増加してきました。

一方で日本は、経済情勢は衰え震災の影響などもあり、留学先として選ばれることが少なくなってきています。

そんな中、いま日本は国を挙げて留学生や外国人労働者をもっと積極的に受け入れようとしています。

日本国内に多くの外国人が受け入れられ、日本の社会が外国人との共存に向かうのであれば、日本語教育の必要性はより高まると考えられます。