心理学者のつらいこと、大変なこと、苦労

一人前になるまで時間がかかる

まず何より、研究一本で生計を立てていくことが大変です。

大学であれば講師、研究所であれば所員、企業であれば心理職に就ければ研究が仕事として成立するわけですが、これが非常に狭き門なのです。

いくら研究者として実力があったとしても、タイミングが合わなければ然るべきポストに就けないということも珍しくありません。

非常勤雇用で、勤務先以外のところで教鞭をとったり、臨床の現場でカウンセラーをしたりしながら研究をする場合もあります。

自身の研究活動と生活との狭間で悩んでいる心理学者が多数いるといえます。

心理を研究するということ

人間の心を研究対象とする学問である心理学

相手にしているものがものだけに、研究の苦労は筆舌に尽くしがたいものがあります。

日々変化し続ける人間の心理に対し、一定の結論を出して理論づけするには膨大な時間がかかるものです。

その上、それだけの苦労の末に導き出した結果が数日で覆されてしまうこともあります。

一方で生身の人間を研究することは骨が折れる反面、心理学者にとってこの上ない楽しみといえるかもしれません。

研究対象との距離の取り方

心理学者は前項で述べた通り、研究対象を人間の心理としているため、臨床の現場であらゆる人に関わりを持つことになります。

関わる人の中には心身に病を抱えた人も少なくありません。

そういった人たちに治療の意味も含めて心理学的なアプローチをしていきます。

その際には細やかな配慮が不可欠。

一挙一動が心身の状態を良くすることも悪くすることもあるため、緊張感を保ちながら接する必要があります。

また対象となる人の中には重度の精神疾患を抱えた人や罪を犯してしまった人など対応が非常に難しい人も含まれます。

時には意図が上手く伝わらず歯がゆい思いをすることもあるでしょう。

これは心理学者の苦労の一つに少なからずなっているといえます。

理系科目の克服に一苦労

大学で心理学を学ぼうとすると多くの場合、文系の学部に進むことになります。

その一方で心理学の研究は理系の知識がなければ成り立たないのが現実です。

ある心理を研究し法則や療法を導き出したい場合、複数の人間を対象にした調査を行うことになります。この時、統計の知識が必要になってきます。

また、人間の心は脳にあるため、その仕組みを完全に理解して初めて心理学を研究することが可能になります。

このように文系でありながら理系の要素が多分にある心理学の研究者は抑えるべき知識が多岐に渡っているため、その分の苦労があるでしょう。

とくに文系の学生の場合、中には理系科目に強い苦手意識を持っている人もいます。大学入学後にその克服に苦労する学生も少なくありません。

自分の研究と業務内容との間のずれ

心理学者は心理学の細分化された分野のうちの一つを専門とし、テーマを絞って研究を進めていくことになります。

一方で、勤務先がどこであれ、自分の研究以外の業務も行わなければなりません。

研究と業務との間に多少のずれが生じることは避けられないことを理解しておきましょう。

例えば大学で教鞭を取る場合、専門外の心理学の概説を教える場合もあります。

演習等で専門外のテーマを選択してきた学生を指導することもあるでしょう。

研究所に勤務している場合でも依頼される研究が自身のものとずれることもないとはいえません。

この時、研究と並行して業務を行うことに苦労を感じることもあるといえます。