高校教師になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学学部・大学院)

高校教師になるための学校の種類

高校教師は当然ながら、小中学校よりも高度で専門的なカリキュラムを扱います。

中学校教師であれば短大卒でも資格取得は可能ですが、高校教師の場合、短大では免許を取得することが認められておらず、大学、もしくは大学院に行く必要性があります。

学部に関してはばらつきがありますが、やはり教育を専門に学ぶことができる教育学部の割合が比較的高いです。

学費は国公立の大学であれば四年間で250万前後、私立の大学であれば年間の授業料だけで100万以上かかるところが多いです。

有名大学かどうかといった学歴は、公立高校をめざす上ではそれほど重視されることはありませんが、私立高校の場合は出身者を多く採用する傾向があるなど、各学校の基準に準じます。

高校教師になるには・どんな資格が必要?

高校教師になるための大学

教育系の大学

教育系の大学には、教育に関するさまざまな学部が設置され、幅広い教職課程を履修することができます。

高校教師の免許だけでなく、小学校や中学校の教職課程がある、実習が多いなど、教職に特化したカリキュラムが組まれています。

また教師を目指す人が多く集まるため、ときには同じ目標をもつ仲間として、ときにはよきライバルとして切磋琢磨しあえることでしょう。

こうした教育系の大学では通信制を置いているところもあり、通学だけでなく通信制で資格を取得することも可能です。

一般の大学

教育系の大学以外に、一般の大学でも教職課程を置いているところがあります。

たとえば外国語学部で英語の教職課程を履修できたり、数学科で数学の教職課程を履修したりするなど、学部学科やコースの専門性に合わせた教員免許を取得します。

ただし、こうした学部学科に進学する場合は、一般的に卒業に必要な単位数に加えて教職課程を履修しなくてはならないため、1年次から計画的に単位を修得しないと卒業までに単位を修得しきれない可能性がありますので、注意が必要です。

大学院

大学院に進学した場合、大学で取得する一種免許状よりも上級の専修免許状を取得することができます。

ただし、大学院に在籍しながら一種免許状を取得することは非常に難しいです。

専修免許状取得を目指す場合、大学院に進学する段階で既に教職課程の単位を履修していることが前提とされているので注意が必要です。

なお、通信制大学院もあり、大学院に在籍しながら一種免許状取得に必要な学部科目を履修することができる大学もわずかながらあります。

教職大学院

教職大学院とは、より専門性の高い教員を養成することを目的にとした専門職のための大学院です。

2018年現在、国立大学47校、私立大学7校の計54大学に設置され、主な対象者は現役の教師と4年制大学で教員免許を取得した学生です。

大学を卒業後、教職大学院に進学し、より専門的な知識とスキルを身に付けてから教員採用試験を受けるという方法もあります。

高校教師の学校選びのポイントは?

教育に関する専門性を高めたいなら、大学の教育系の学科や教育大学の教育学部などが候補にあげられるでしょう。

ただし、進学する校種や学科によって取得できる免許は異なります。

そのため、どの科目を教えたいのか、どれを専門にしたいのかなど就職後のイメージを明確にしてから、該当する学校・学科を選ぶとよいでしょう。