幼稚園教諭の転職理由・転職先にはどんなところがある?

幼稚園教諭が今の職場を辞める理由で多いものは?

転職理由は人によって異なりますが、幼稚園教諭の転職でとくに多いのは「給料が低い」「人間関係がうまくいかない」といった環境や待遇によるものです。

幼稚園は閉鎖的な空間で人の異動も少ないため、園の方針や先輩とうまくいかなければ、非常にストレスを感じるでしょう。

また、幼稚園教諭は保育士ほど激務ではないものの、仕事の大変さに比べると給料が低く、より高い賃金をもらえるほかの仕事に転職する人も多いようです。

女性が多くを占める仕事のため、結婚や出産、介護や夫の転勤などやむを得ない事情により退職する人も多いのが現実です。

幼稚園教諭のつらいこと・大変なこと・苦労

幼稚園教諭の転職で気をつけるべきこと

幼稚園教諭として働いていた人が、退職して他の幼稚園に移ったり、また幼稚園教諭から保育士やベビーシッターなど同業の仕事に転職したりすることはままあることです。

こうした場合、前職での不満や問題は決して口に出してはいけません。

子どもを持つ親同士のネットワークは広く、「○○幼稚園の○○先生が○○保育園に転園した」などのうわさはすぐに広まってしまいますし、兄弟姉妹などが別な施設を利用していて予期せぬところで顔を合わせてしまうこともあります。

たとえ何らかの不満や問題があって転職した場合も、前向きに話すようにしましょう。

また、まったくの他業種へ転職する場合も、「幼稚園教諭の仕事が向いていなかった」「待遇が悪かった」などは言わず「違う働き方がしたくなった」「他の職業を経験して見たかった」など前向きな言葉で志望動機を話せるようにしておきましょう。

幼稚園教諭の職務経歴書の書き方のポイント

幼稚園教諭の職務経歴書の書き方は、一般的な転職の際と変わりありません。

書籍やインターネットで書き方を調べ、丁寧に書くようにしましょう。

もし幼稚園教諭としての経歴が長く、職務経歴書を書けるのであれば、どのような場所でどのような業務を担当してきたのか、何を経験し、何を学んできたのかをしっかりと書き出すとよりアピールにつながるでしょう。

幼稚園教諭から他の業界への転職はある?

幼稚園教諭以外の仕事へ転職する人は少なくなく、近しい職業としては保育士が挙げられます。

幼稚園教諭免許と同時に保育士免許を取得できる学校もあり、同時に取得していた場合は保育士として働くこともできます。

このほか、幼児教育の経験を生かして児童館や学童施設などのスタッフの仕事をする人もいます。

幼稚園教諭の転職先はどのように探せばいい?

幼稚園教諭から他業種へ転職したい場合には、求人サイトやハローワーク活用するのが便利でしょう。

学校を卒業しそのまま幼稚園に就職してしまった場合、一般的な就職活動をしたことがないため戸惑ってしまう人も多いですが、求人サイトやハローワークを利用し、自分のスキルや条件に合う求人を紹介してもらうのもよいでしょう。

また、職場を変えたいという場合には、派遣会社に登録し派遣の幼稚園教諭として働くという方法もあります。