特別支援学校教諭になるには? 必要な資格や免許は?

特別支援学校教諭になるまでの道のり

特別支援学校の教諭になるには、小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教諭の免許状が必要です。

それに加えて、特別支援学校教諭の免許状を取得することが原則となっています。

その後、各自治体が行う教員採用試験を特別支援学校教諭の科目で受験し、合格して採用されることで特別支援学校教諭として働くことが可能です。

先ほど、特別支援学校教諭の免許状の取得については「原則」と書きましたが、その理由としては、当分の間、小学校・中学校・高等学校または幼稚園の教諭の免許状があれば、特別支援学校の相当する部の教諭になることができると認められているからです。

また、自治体によっては特別支援学校教諭免許状がなくても特別支援学校教諭の試験を受けることができたり、最初は普通学校で勤務しており、その後特別支援学校に異動できたりすることもあります。

しかし、特別支援学校教諭には、障害のある幼児・児童・生徒の自立と社会参加に向けた指導や支援方法の深い理解が求められます。

そのため、特別支援学校教諭の免許状を取得しておくに越したことはありませんし、取得すると採用時にも有利になることが多いようです。

自治体によっては、特別支援学校教諭の免許状を持っていないで採用された場合、採用後の一定期間中に免許状取得を義務付けているところもあります。

特別支援学校教諭になるまでのルート

特別支援学校教諭の資格・難易度

特別支援学校関係の資格には「特別支援学校教諭免許状」「特別支援学校自立教科教諭免許状」「特別支援学校自立活動教諭免許状」があり、さらにそれぞれに対して領域や教科が分かれています。

そのなかで担任をし、教科担当をするために必要なのが「特別支援学校教諭免許状」です。

特別支援学校教諭免許状は、特別支援学校教諭の課程がある大学・短大もしくは大学院で、所定の科目を履修すると取得可能です。

通常の学校教員を目指す場合のように、教育等に関する勉強をし、教育実習も行って免許状を取得します。

全国で特別支援学校教諭の免許状を取得できる大学・短大はそこまで多くありませんが、特別支援学校での勤務を目指すのであれば、学生時代に取得しておくと有利になるでしょう。

特別支援学校教諭免許状は、「視覚障害・聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱」の各障害種別の領域ごとに交付されます。

総合特別支援学校のように障害種別を特に定めていない学校が存在したり、在籍児に重複障害を持つ子どもが増えていることから、複数の領域で免状を取得することが多いようです。

なお、特別支援学校・学級には「自立活動」という授業があります。

その担当をするのが、おもに「特別支援学校自立教科教諭免許状」「特別支援学校自立活動教諭免許状」を取得している人です。

この2つの資格は、特別支援学校教諭として実際に勤務し始めてから追加で取得するというケースが多いようです。

特別支援学校教諭採用試験の難易度・合格率・倍率

特別支援学校教諭になるための学校の種類

特別支援学校教諭免許状を取得するための学校には、「大学」「短大」「大学院」の3種類があります。

なお、特別支援学校教諭免許状は障害種ごとに定められているため、自分が取得したい領域の免許状に対応する勉強ができる学校を選ぶ必要があります。

知的障害領域の特別支援学校教諭免許状を取得できる学校は比較的多く、各都道府県で最低1ヵ所はあります。

その一方で、視覚障害領域の免許状を取得できる大学(学部)は限られてくるなどの違いがあります。

全体としては、特別支援学校教諭の免許状取得が目指せる学校は、短大が全国で2校のみ(2019年12月現在)なのに対し、大学の数は非常に多くあります。

大学では4年間という時間をかけて教育について学ぶことができ、また、一般教養など幅広い見聞を身につけることが可能です。

学費は国立と私立で大きく変わりますが、私立になると学費が年間で70万円~80万円程度、それに加えて初年度の入学金や諸経費などが必要です。

特別支援学校教諭になるための学校と学費(大学学部・通信)

特別支援学校教諭に向いている人

気長に待つことができる

特別支援学校にいる子どもたちは、一般の学校の子どものように、教えたことがすぐに理解できるということはありません。

毎日毎日、同じことを繰り返し指導していきますが、すぐに結果が出ないことも多いです。

そんなときにイライラしたり怒鳴ったりせず、子どもの成長を信じて気長に待てるタイプの人に向いている仕事です。

人の可能性を信じられること

特別支援学校に通う子たちは、さまざまな障害を抱えています。

しかし、どのような子であっても、必ず個性や得意なことを持っているものです。

日ごろから障害を抱える子たちと接する特別支援学校教諭だからこそ、一人ひとりの可能性を誰よりも信じて、その子の良いところをどんどん伸ばしていこうという姿勢が大事になってきます。

子どもに自信をつけさせてあげたいという強い思いを持てる人が、特別支援学校教諭には向いているといえます。

人とコミュニケーションをとるのが好き

特別支援学校では、児童・生徒が抱える障害に対して適切な支援や指導ができるよう、保護者はもちろん、医療機関や地域の関連機関などとも連携していく場面が多くあります。

いろいろな立場の人と接することになりますので、心を開き、円滑にコミュニケーションをとっていく力が求められます。

特別支援学校教諭に向いている人・適性・必要なスキル

特別支援学校教諭のキャリアプラン・キャリアパス

特別支援学校教諭は、各自治体で教員採用試験を受けて合格し、採用されることで、実際に特別支援学校で働けるようになります。

そこからは通常学校の新人教員と同様、現場で先輩の先生たちに仕事を教わりながら、自分でもいろいろと学んだり考えたりしていきます。

公立学校の教員の場合、何年かに一度は異動があります。

別の学校に移ることで職場の雰囲気も変わり、また新しく覚えなくてはならないこともありますが、それらを乗り越えて一人前の教員に成長していくことができます。

自分の頑張りによっては、将来的には教頭や校長へステップアップすることも可能です。

なお、特別支援学校教諭は正規採用されて働く人が多くいますが、それ以外にも臨時職員(臨時的任用職員)や非常勤講師として働くこともできます。

非常勤であればフルタイムで働くことが難しくなっても仕事を続けやすいため、なかには結婚・出産後にこの形を選択する人もいるようです。

特別支援学校教諭を目指せる年齢は?

特別支援学校教諭採用試験は、自治体ごとに行われており、年齢制限などの応募資格もそれぞれで異なります。

ただし、複数の区分で試験を行っているところが多く、たとえば東京都では、「一般選考」「特例選考」「特別選考」「大学推薦」「障害に配慮した選考」の区分で試験が行われています。

一般選考は受験時点で39歳以下であることが条件となりますが、特例選考では受験時点で59歳以下であることが条件となっているため、かなり年齢が高くなっても特別支援学校教諭が目指せます。

ただし、年齢以外にも条件が掲げられている場合があるため、詳しくは受験予定の自治体の募集要項を確認してみるとよいでしょう。

特別支援学校教諭は高卒から目指せる?

特別支援学校教諭になるには、教員免許の取得が不可欠であることから、高卒でそのままなることはできません。

高校卒業後に大学や短大へ進学し、教員免許を取って教員採用試験への合格を目指す必要があります。

教員の免許状が取れる学校は全国にあり、カリキュラムや学費は各校で違いがありますので、自分に合う学校選びをしてください。

特別支援学校教諭の「なるには」の口コミ投稿

  • なるには
    なるには

    特別支援学校教諭 ちーさん

    28歳 女性 経験1年3ヶ月 北海道

    退職済み(正社員)


    大学で教員免許を取得します。

    特別支援学校の教員は基礎免許(小学校教諭、中学校教諭、高校教諭)プラス特別支援学校教諭の免許が必要です。

    教員免許取得後、各都道府県で開催されている教員採用試験を受けて、合格すれば本採用となります。