このサイトはキャリアカウンセラーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「キャリアカウンセラー」

仕事内容
キャリアカウンセラーは、人がキャリアに関して抱える課題や問題に対し、専門知識とスキルを生かして支援する仕事です。カウンセリングを中心に、その人自身が自分らしく生き、能力や価値観を引き出して自己実現できるようにサポートしていきます。「キャリア」はもともと仕事の面だけで捉えられていましたが、現代では勉強や趣味、ボランティア活動など、人の生き方そのものにまで広がった考え方がなされています。
なるには
2016年に国家資格が誕生し、「キャリアコンサルタント」と名乗れるのは、キャリアコンサルタント国家資格の有資格者のみとなりました。キャリアカウンセリングの業務自体は、絶対に資格が必要というわけではありませんが、知識や経験がないまま就職できる可能性は低いため、スクールなどで勉強をして資格取得を目指すとよいでしょう。資格取得後は、まず企業の人事や教育機関において学生相談などの仕事をして勉強を続けながら、一人前のキャリアカウンセラーを目指していく人も多くいます。
給料
キャリアカウンセラーには国家資格がなく、国家検定と民間資格のみであるため、働く上で絶対に資格が必要というわけではありません。ただし、まったく知識や経験がないまま就職できる可能性はゼロに近く、まずはスクールなどで勉強をして資格取得を目指すとよいでしょう。資格によっては、社会人としての実務経験が必要となる場合もあります。資格取得後は、まず非常勤社員や契約社員として働き、現場経験を積んで正社員を目指す人が多いです。
将来性
キャリアの定義が広がるにつれて、キャリアカウンセラーの活躍の場も増えています。企業内の社員のキャリア相談や、ハローワークなど行政施設での就職や転職支援、また大学や専門学校で学生を相手に働くこともできます。経験を積んで独立できれば、自分の得意分野を生かして活動することも可能です。価値観が多様化し、キャリアで悩む人が増えている現代において、今後ますます需要の高まる仕事だと考えられています。