高卒から高校教師になるには

高卒では教員免許を取得できない

高卒では、教員採用試験を受けることができません。

教員採用試験を受けるためには、大学で必要な単位を履修し教員免許を取得しなくてはならないからです。

高卒から高校教師を目指す場合は、一度大学に進学して教員免許を取得する必要があります。

通信制で単位を取得

大学の通信制を利用する

高卒から高校教師を目指すには、まず大学に進学しなくてはなりません。

大学に進学し単位を取得するには4年間かかり、大学に合格するためには改めて受験勉強が必要です。

本来ならば大学に行くのが一番の近道ですが、何かしらの事情により働きながら教員免許の取得を考えている人向けに開講されているのが通信制の大学です。

高卒から高校教師を目指す場合や、社会人として働きながら高校教師を目指す場合、大学が開講している通信制で単位を取得すれば、同じように教員免許を取得することができます。

資格取得には年月がかかる

ただし、通信制の場合も、大学に進学したときと同じように取得必須単位はまったく変わらないため、すべてを履修するには数年を要します。

6年から7年かけて教員免許を取得する人も少なくないため、通信制だからといって楽に単位を取得できるわけではないので注意が必要です。

通信制を利用するメリット

メリットとしては、免許を取得するために大学卒業単位は必要ないため、教員免許に必要な単位だけを履修することができるところにあります。

通信制での免許取得を考える場合、まず通信講座を開講している大学を探さなければなりません。

入学手続きが無事終了すると、仕事の合間を縫って時間があるときに自由に講義を受講できます。

もし可能であれば、実際にキャンパスに通い授業を受ける「スクーリング」を受けるようにしましょう。

生の授業を受けることによって、より理解度が増します。

また、通信制で教員免許を取得したからといって、基本的に採用試験で不利になることはないといわれていますので、安心して免許取得に励むことができます。

通信制を利用するデメリット

通信制のデメリットとしては、まず忍耐力が必要なことです。

仕事と並行して取得する方がほとんどのため、勉強は主に夜間や休日を利用して行います。

貴重な生活時間を授業に充てるのが難しかったり、スケジュール管理がうまくいかなかったりと、生半可な覚悟ではすべてを履修し終えることができません。

また、最も困難を強いられるのが教育実習の場面です。

通常、大学に在籍している場合は大学側があっせんしてくれたり事務処理を行ってくれたりするため、学生は学校側受け入れの確認を得られれば教育実習に向かうことができます。

しかし、通信制の場合はそうした手続きをすべて自分が行わなければなりません。

一般的には母校で教育実習をしますが、学校側が何らかの理由により受け入れ拒否をした場合、縁のない他校に受け入れ申請をしなくてはなりませんし、教育実習は2週間から4週間行われるため、その期間の仕事の調整をするなど苦労も多いのが実情です。