日本語教師の1日・生活スタイル

日本語教師の業務スケジュール

日本語教師の1日の過ごし方は、大きく「授業をする時間」と「授業以外の時間」に分けることができます。

出勤~授業はどんな流れ?

日本語学校・スクールなどに勤務する場合、常勤か非常勤かによってスケジュールは異なりますが、常勤であれば朝9時頃に出勤し、夕方過ぎにかけて働くことが一般的です。

学校に到着すると、朝の職員会議で、その日の連絡事項や報告事項が教員全員に伝えられます。

短時間ではありますが、情報交換をする大切な時間です。

授業をする時間は、言葉の通り、自分が受け持つクラスの生徒に対して日本語を教えていくことが業務内容です。

ひとことで授業といっても、ときにはクイズを取り入れたり、テストを実施して理解度を確認したりと、さまざまな工夫をしながら楽しんで日本語を学んでもらえるように心がけます。

外国人にとって、日本語を理解するのは決して簡単なことではありません。

だからこそ、いかに前向きに授業に取り組んでもらうかを考えることが大事になってきます。

授業以外の時間にもさまざまな業務がある

また、授業以外の時間にもさまざまな業務があります。

たとえば、次回の授業の内容を考えて教材を用意したり、常勤の教師であれば郊外活動の企画を考えたりすることもあります。

とくに、授業の準備やテストの採点、宿題のチェックなどは日常的に発生する業務で、とても大事なものとなっています。

また、ときには生徒から「授業についていけない」「日本での生活に不安がある」などの相談を受け、アドバイスやフォローをすることもあります。

以上のように、日本語教師の仕事は多義に渡ります。

1日の仕事は、ただ与えられたことをこなすのではなく、外国人学習者との関わりの中で、毎日新しい発見をすることができる仕事です。

国内の日本語学校で働く日本語教師の1日

6:30 起床

朝はさまざまなジャンルのニュースに目を通し、当日の授業で話題にできそうなことはないか考えます。

7:00 出勤準備

教師という職業柄、身なりはスーツやジャケットなど、きちんとした服装を身につけます。

8:20 出勤

メールチェックや授業で使う教材の準備などを行います。

8:45 職員会議

当日の連絡事項や報告事項を教やスタッフで共有します。

9:00 授業開始(1限・2限)

教室に着いたら、まずは笑顔で元気よく朝の挨拶からスタートです。

1コマの授業時間は90分が基本。テキストに沿って授業を進めていきますが、クイズやゲームなどもはさみながら、楽しんで日本語を学べるように心がけます。

12:30 昼休み

昼食は持参した弁当を食べることが多いです。

13:30 授業開始(3限・4限)

午後も元気に授業をします。

定期的にテストも実施し、一人ひとりの生徒が授業内容をきちんと理解できているか、どこにつまづいているのかをチェックします。

16:30 授業終了

授業後、生徒から授業内容について質問を受けることもあります。

17:00 生徒と面談

勉強が遅れがちな生徒や、生活態度に不安がある生徒には、随時個別で面談をしてサポートすることもあります。

17:30 事務作業

テストの採点や、次回の授業で使うプリントを作成するなど、デスクワーク中心に残りの仕事を片付けます。

19:00 退社

その日にやるべき仕事が終わったらできるだけ早く帰り、リフレッシュします。

日本語教師の勤務時間・休日