日本語教師の仕事内容

日本語教師の仕事とは

日本語教師は、日本語を母語としない人(おもに外国人)に「日本語」を教える仕事です。

日本語教師は中学校や高校などで「国語」を教える教師とは異なり、国内外の日本語学校・スクールなどで、外国人に外国語としての日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えます。

日本語を学ぶ生徒の国籍、言語、文化はさまざまです。

また、ビジネスマンや主婦、日本の文化に興味を持っている人、日本の大学に進学したい人など、日本語を学ぶ動機や目的・目標など、生徒の背景もそれぞれ違います。

そういう生徒たちに対して、日本語教育をどう進めていくのかを考え、指導を行っていきます。

さらに日本語そのもの以外にも、日本の生活習慣や文化などを正しく伝えることで、より日本に興味を持ってもらったり、日本語の学習効果を高めたりすることも大事な役割です。

日本語教師の業務の内容

授業の内容を考える

「日本語を教える」といっても、ただ授業をする時間だけが日本語教師の仕事ではありません。

授業をするには、まず、生徒の学習歴や日本語のレベル、目的などについての情報を集めて分析する必要があります。

それを基して学習目標やテキストを選び、教育計画を立てます。

このようなコース全体の計画を立てることを「コースデザイン」といいます。

コースデザインが決まったら、カリキュラムを作成し、授業ごとに事前準備を行います。

教材は、教師がオリジナルのものを考えて作ることもありますし、勤務先の学校・スクールが用意するものを用いることもあります。

授業をする

授業は、生徒が複数人に対して教える「集団指導」と、マンツーマンでの「個別指導」の2種類があります。

集団指導の場合、多ければ10人以上の生徒に対して同時に指導をすることになるため、楽しく前向きに授業に臨んでもらえるように、教室全体のよい雰囲気を作り上げることも大事です。

ときにクイズやグループワークなども取り入れながら、生徒同士が刺激を与え合うことで、より学習効果が高まることもあります。

一方、個別指導では、生徒のレベルや理解度を確認しながら、より細かい指導をしていくことができます。

一人ひとりの生徒に寄り添いやすいスタイルです。

なお、日本人は普段、日本語を意識せずに使いますが、外国人に日本語を教えるためには語彙や文法などの専門的な知識はもちろん、確かな指導スキルが必要となります。

「生徒はどこにつまづきやすいのか」や「集中力を保ってもらうにはどんな問いかけをすればいいのか」など、教師自身、「指導」という実践の場によって得られる気付きや学びもたくさんあります。

授業以外の仕事もある

授業以外の時間には、次の授業の準備だけでなく、宿題のチェックやテストの採点業務などもおこないます。

生徒が授業内容をきちんと理解できているかを確認し、必要があればフォローアップの内容も考えていきます。

また、常勤で働く日本語教師の場合は、学校運営のための業務(学校説明会の準備や進行、生徒のカウンセリングなど)を任されることもあります。

このような業務は、授業以外の時間を使っておこなわなくてはならず、やることは山ほどあります。

日本語教師の役割

日本語教師は、日本語を母語としない人(おもに外国人)に「日本語」を教える語学の教師です。

「国語」を教える教師ではなく、国内外の日本語学校・スクールなどで、外国人に外国語としての日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えます。

日本語を学ぶ生徒の国籍、言語、文化はさまざまです。

また、ビジネスマンや主婦、日本の文化に興味を持っている人、日本の大学に進学したい人など、日本語を学ぶ動機や目的・目標など生徒の背景もそれぞれ違います。

日本語教師は、そういう生徒たちに対して日本語教育をどう進めていくのかを考え、指導を行っていきます。

また、言葉を正しく使うには、その言葉が話される国や地域の特性を理解する必要もあります。

そのため、授業やレッスンのなかでは、日本の文化や生活習慣、歴史、日本人のマナーなどを伝えていくことも、日本語教師の役割といえます。

日本語教師の勤務先の種類

日本語教師が働く場は世界中にあります。

日本国内であれば、留学生を対象として大学や民間の日本語学校・スクールで教える人が多く、また、ビジネスマンやその家族を対象にした日本語教室などで授業を受け持つ人もいます。

海外では、小・中・高校や大学の日本語学科、民間の語学学校などがありますし、個人で教えている人もいます。

また、ボランティアとしての日本語教師の需要も大きく、途上国などにおける青年海外協力隊においても、日本語教師が活躍しています。

各勤務先における具体的な仕事内容は、学習者のニーズにより多様です。

ビジネスマン相手の日本語コースにはビジネスに必要な日本語の指導を中心におこない、大学で働く場合は論文指導など、より専門的な指導をすることもあります。

また、子どもたちに教えるときには、折り紙や日本の歌を紹介しながら楽しんで日本語に触れてもらえるようにするなど、日本語教師の指導内容は、学習者によって柔軟に対応していくことが求められます。

日本語教師の勤務先と仕事内容の違い

日本語教師の仕事の流れ

授業の準備からスタート

日本語教師の仕事の流れは、勤務先や働き方によっても多少変わってきますが、大きくは以下のようになるでしょう。

まず、担当する授業が決まったら、その授業を受ける生徒の属性や状況について把握します。

年齢や国籍、日本語のレベル、現在の生活環境などについて、できる限り理解することで、一人ひとりに合った指導がしやすくなります。

そして、具体的に教案(授業の内容)を考えていきます。

授業は基本的に1回で完結するわけではなく、半年なら半年、1年なら1年といった時間の中でカリキュラムを組み立て、授業のたびに理解が深まり、スキルアップできるようなものにする必要があります。

また、前回の授業で生徒が特別に苦手にしているポイントがあれば復習の時間を多めに設けたり、フォローアップを積極的におこなったりするなど、内容は臨機応変に調整していくこともあります。

授業から授業後まで

授業では、事前に考えた教案に基づいて指導を進めていきます。

教え方のスタイルは教師によっても多少違いが出てきますが、限られた時間でより理解を深めてもらうため、テストを実施したり、宿題や課題を出したりすることもあります。

授業が終わると、日本語教師はテストの採点や宿題のチェックなどをし、生徒が正しく授業を理解できているかを改めて確認します。

また、個別で生徒からの学習・進路相談や生活上の悩みなどにのったりすることもあります。

このように、日本語教師は、授業そのものの時間以外にやるべきこともたくさんあります。

日本語教師と関連した職業

日本語教師と国語教師の違い

日本語教師と似たような職業として捉えられることがあるのが、国語教師です。

どちらも「日本語を扱う」という点では共通していますが、両者には大きな違いがあります。

そのひとつは、日本語教師が外国人のような日本語を母国語としない人に対して日本語を教えるのに対し、国語教師は基本的には日本人に対して、国語の能力を高めるための指導を行っていくことです。

日本語教師の場合、語学そのものに加えて、日本で生活するときの文化や風習などについても教える必要が出てきます。

また、教える場所にも違いがあります。

日本語教師は、おもに民間の日本語学校・スクールで「日本語を勉強したい」と考える生徒に指導をする一方、国語教師は小中学校など義務教育としての学校、また高校や大学のような高度な教育機関、受験対策の予備校などで指導をおこなうことです。