保育士になるには? 必要な資格のとり方・難易度を解説

保育士とは、保育士の国家資格を持つ保育の専門家です。

保育士になるには、資格を取得する必要があり、その方法は大きく2種類あります。

卒業すると保育士資格を得られる学校で学ぶ方法と、保育士試験に合格する方法です。

保育士は、高卒でも、主婦や社会人になってからでも目指すことができます。

この記事では、保育士を目指す前に知っておくべきことをわかりやすく解説します。

保育士とは

保育士とは、保育園などで子供を預かり保育する国家資格を持つ人のことです。

0歳から6歳までの子どもを預かり、その安全を守るとともに、身の回りの世話を行います。

ただ面倒を見るだけではなく、食事や排せつなど生活習慣を身に着けさせ、考える力や感性を育てるという大切な役割を担います。

保育士の仕事内容

保育士の具体的な仕事内容を、役割と1日の流れから解説します。

保育士の役割は保育と保護者へのアドバイス

保育士の仕事内容は大きく2つに分けることができます。

【保育士の仕事】

  • 子供の身の回りのお世話・保育
  • 保育の専門家としての保護者への指導

 

子どもの保育は、ただお世話をするだけではなく、周囲の子供との協調性や自分のことを自分でできるようにする自立性を養う役割もあります。

【子供の保育の仕事の例】

  • 食事やおやつを決まった時間に与えて規則正しい生活リズムを身に着けさせる
  • 排泄や着替えの補助をして自立性を養う
  • 遊び相手になりコミュニケーション能力や協調性を養う

 

このように、保育士は保護者の代わりに乳幼児期の人間形成を助ける役割を担います。

また、保護者への保育のアドバイスも保育士の役割です。

【保護者へのアドバイスの例】

  • 保育園での様子を保護者に伝える
  • 保護者からの相談に応じる

 

保護者が安心して子供を預けられるようにすることも、保育士の役目です。

保育士の仕事内容

保育士の1日のスケジュール

保育士の1日のスケジュールを見て保育士の仕事のイメージをつかみましょう。

6:30 出勤

子どもを迎える準備

7:00 登園開始

保護者が子どもを連れてきます。体調の確認。

9:30 クラスでの遊び

年齢にあった遊びの相手をします。

11:30 昼食準備

給食の場合は配膳。

12:00 食事

アレルギーへの対応も慎重に行います。

13:00 お昼寝

食事の片付けや歯磨きの後はお昼寝の時間。
保育士は、連絡ノートを書くなど仕事を続けます。

15:00 おやつ・遊び

おやつ、片付けをしてお遊びをしながら保護者を待ちます。

16:00 業務終了

遅番で出勤した保育士に引継ぎをして業務終了

保育士の1日・生活スタイル

保育士になるには

保育士として働くためには、国家資格である「保育士」の資格が必要となり、資格がなければ保育士として働くことはできません。

この章では以下について解説します。

 

保育士の資格を目指す人は知っておきましょう。

保育士の資格取得の方法と難易度

 

保育士の資格を取得する方法は、大きく分けて2通りです。

【保育士になる方法2通り】

(1)大学・短大・専門学校などの保育士養成課程で所定の課程を修了する

(2)保育士試験に合格する

 

このうち、中学や高校から保育士を目指している人の多くが、(1)のルートを選んで進学しています。

保育士養成課程のある学校には、2年制の短大や専門学校(一部は3年制)、4年制の大学などがあります。

これらのどのような学校でも保育士資格取得が目指せることは共通しています。

在学期間をはじめ、カリキュラム・学費・就職サポート体制などに違いがあるため、学校選びの際には、さまざまな学校を比較して慎重に行ったほうがよいでしょう。

保育士になるための学校の種類

保育士になるための養成課程のある学校は、4年制大学・短大・専門学校の3種類があります。

それぞれのメリット・デメリットと学費の目安は以下の通りです。

【保育士になるための学校の種類と比較】

メリット デメリット 学費の目安
4年制大学 大卒資格を得られる 学費が高額 400万円(4年)
短期大学 学校数・定員が多い 2年間なので忙しい 250万円(2年)
専門学校 実践的な知識を習得できる 大卒・短大卒より昇進が遅い 200万円(2年)

専門学校は3年制のところもありますが、多くが短大と同じく2年制となっています。

なお、学校によっては「幼稚園教諭」など、他に子どもと関わる資格の同時取得が目指せるカリキュラムを置いているところもあります。

4年制大学

4年制大学では、4年間かけてじっくりと保育の知識・技術を身につけていくことができます。

また、保育以外の一般教養を幅広く学べることも特徴で、卒業すれば大卒の学歴を持つことができます。

就職先によっては、初任給は学歴によって差がつけられ、大卒者のほうが多少よい給料をもらえることがあります。

短大・専門学校

専門学校は、2年間(あるいは3年間)で保育の知識・技術を詰め込んでいくため、4年制大学よりも忙しい学校生活になるでしょう。

保育に特化した勉強が中心で、いち早く保育の現場に出たい人には適しているといえるでしょう。

また、4年制大学より学費を安く抑えることができます。

短大は、4年制大学と専門学校の中間的な立ち位置で学べる学校や、地域密着型の学校が多くなっているようです。

保育士になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・短大)

保育士と幼稚園教諭との違いは?

保育士と幼稚園教諭の主な違いは以下の通りです。

【保育士と幼稚園教諭の違い】

  • 保育士:保護者の代わりに基本的な生活習慣を身に着けさせる
  • 幼稚園教諭:幼稚園は学校の一種で生活面や知識などについての教育・指導を行う

 

保育士と幼稚園教諭は資格も異なります。

保育士になるには厚生労働省が認定する「保育士」の資格が必要です。

一方で幼稚園教諭は学校の一種なので文部科学省管轄の「幼稚園教諭免許」を取得することになります。

「保育士と幼稚園教諭の違い」

保育士とベビーシッターとの違いは?

保育士には資格が必要ですが、ベビーシッターに必要とされる資格はありません。

主な違いは以下の通りです。

【保育士とベビーシッターの違い】

  • 保育士:保育士資格を持ち、保育園で複数の子供の面倒を見る
  • ベビーシッター:資格は必要なく、利用者の自宅で1対1で子供の面倒を見る

 

保育士の資格を活かしてベビーシッターの仕事をしている人もいます。

ベビーシッターは1対1で子供と向き合うことができるので、一人の子供の成長をじっくり手助けできます。

ベビーシッターと保育士の違い

保育士の資格・難易度

保育士養成課程のある学校を卒業すれば、自動的に保育士の資格を取得することができます。

それ以外の人が保育士を目指そうとする場合には、保育士試験を受験することになるでしょう。

保育士試験は、毎年4万人から5万人が受験をしている人気の試験で、保育士養成課程のない一般の大学を卒業した人や短大の卒業生などでも受験可能です。

また、条件によっては中卒や高卒の人でも受験することができます。

保育士試験は、社会人となってから通信講座などを利用して受験をする人もいるようですが、保育士試験の難易度は高く、合格率は例年10%~20%程度となっています。

保育士試験の難易度・合格率
保育士試験通信講座について

現在中学生や高校生で、将来保育士を目指すと決めているのであれば、保育士養成学校へ入学するほうが、確実に保育士資格を取得することができるでしょう。

保育士に向いている人の特徴は?

保育士_画像

保育士に向いている人の特徴を大きく3つ紹介します。

【保育士に向いている人】

  • 子供が好き
  • 責任感が強い
  • 体力がある

保育士に向いている人の特徴①子どもが好きなこと

保育士の仕事は、当然ながら子どもが好きなことが何よりも大事です。

子どもを思いやる優しさや、子どもの気持ちを考えて、一緒に楽しんだり悲しんだりする感受性が必要とされます。

少しくらい大変なことがあっても、子どもの笑顔を見ていると頑張れるといえるような人であれば、保育士に向いているといえるでしょう。

保育士に向いている人の特徴②責任感が強い

保育士は、保護者に代わって子どもを安全に預かり、保育をするという重大な役割を担います。

保育中は、子どもがケガをしたり事故などの危険に遭ったりしないように最新の注意を払う必要があり、「子どもをきちんと守る」という責任感を持てることが大事になります。

また、保育中に何かトラブルがあった場合などは、確実に保護者に連絡をすることも欠かせません。

目の前の仕事に一つひとつ責任を持ち、しっかりと向き合える人に向いている仕事です。

保育士に向いている人の特徴③体力がある

いうつも子どもと遊んだり、子どもをあやしたりしている保育士の姿は楽しそうに見えますが、実際には相当な体力が必要とされます。

1日中、元気に動き回る子どもたちの相手をすることはとても大変ですし、抱っこをする時間が多くなると足腰に負担もかかりやすい仕事です。

しかし、どんなに疲れていても、子どもの前ではそうした姿を見せないようにする必要があるため、体力をつけておくに越したことはありません。

保育士に向いている人・適性・必要なスキル

保育士の年収・給与水準は低い?

保育士を目指す前に知っておきたいのが、年収・給与水準です。

ここからは、保育士の年収や昇給について紹介します。

保育士の平均年収は358万円

保育士の平均年収は358万円です。(2018年度)

一般的な初任給は16~17万円です。

税金などを差し引くと手取りは13万円程度となり、保育士の給与は非常に厳しいと言えます。

しかし、保育士は子供の成長を肌で感じられるという他の職業では得られない喜びを得ることができます。

保育士の昇進・昇給はある?

公立の保育園で正社員として働く場合、公務員と同じ扱いになり安定した給与を得て働くことができ定期的な昇給も見込むことができます。

私立の場合は昇給による給料の増加はあまり期待できませんが、長くキャリアを重ねることで、リーダーや園長補佐と言った責任のある立場になれば手当てが増えます。

保育士の給料・年収

保育士を目指せる年齢は?

保育士は高卒から社会人・主婦など幅広い年代から目指すことができます

高卒からでも保育士を目指せる

高卒の人が保育士を目指すためのルートは2種類です。

  • 保育士養成課程のある大学・短大・専門学校といった保育士養成学校に入学
  • 保育士試験を受験し、合格を目指す方法

 

保育士の養成学校の多くは、出願資格として「高等学校卒業もしくはこれに準ずる学校を卒業していること」といった条件を掲げています。

一般的に、年齢は18歳以上であれば入学することが可能です。

養成学校において年齢制限はなく、入試に合格さえすれば、何歳でも保育士になるための勉強をすることができます。

これらの学校では、高校を卒業したばかりの人が入学することが多いですが、すでに高卒の資格を持った20代以上の人でも入学ができ、卒業と同時に保育士資格を取得することが可能です。

2年制の短大や専門学校であれば、最短で2年学ぶことで保育士として働き始めることができます。

保育士試験に合格すれば、専門学校に通わずに保育士になることができます。

ただし、受験には児童福祉施設や保育関連施設で一定の期間・時間以上働いた経験があるなどの条件を満たす必要があります。

保育士試験は独学で合格できる?

社会人や主婦から保育士を目指す人も

保育士国家試験の受験についても年齢制限はなく、社会人として何年も働いてから保育士を目指す人もいます。

保育士として働いている人は、全体としては正社員であれば20代から30代の割合が最も多いというデータがありますが、キャリアアップして40代以上も引き続き働く人もいます。

また、結婚や出産などを機に、正社員から契約社員やパートなどの雇用形態に変更して働き続ける人も少なくありません。

保育士のキャリアプラン・キャリアパス

保育士はキャリアを積むことで、保育園内でキャリアアップしたり、病院内の保育施設で働いたりと活躍の場を広げることができます。

保育園でキャリアアップすることも可能

保育士として長く働き続けると、もちろんベテラン保育士として現場で頼られる存在になりますが、役職につくチャンスも得られます。

保育士の役職は保育施設によって違いがあるものの、担任・リーダー・主任・園長といったものが一般的です。

リーダーになればクラス業務の責任を持ったり、新人保育士の指導や育成などにあたったりすることができます。

また、主任になるとリーダーの育成や園長の補佐など、より組織全体を見て動く仕事を任されるようになるでしょう。

園長は保育園のトップにあたる立場で、保育士全体の管理をし、園の運営や経営面にも責任を持ちます。

公立保育園の園長になるには、長く勤めて空きポストが出た際に昇格試験を受け、合格する必要があります。

民間の保育園であれば経験や実績・スキルなどの評価によって園長になることも可能です。

保育士として働くのは若い人が多く、結婚や出産などを機に仕事をすっかり辞めてしまう人も多いですが、頑張りによってはこのようにキャリアアップを目指すことも可能です。

保育士の活躍の場は企業や病院、自宅でも

保育士の活躍の場は保育園以外にも広がってきています。

【保育士の活躍の場の例】

  • 病児保育施設(病気の子供を一時的に預かる)
  • 美容院や歯医者、商業施設内の保育スペース
  • 保育士の自宅や利用者の自宅
  • 企業内の保育施設

 

商業施設などの保育スペースは、子どもを預けてゆっくりサービスを受けたい親から支持を受けて増加傾向にあります。

また、企業が福利厚生の一環として、企業内に保育園を設ける事例もあります。

保育士の自宅で子供を預かったり、利用者の自宅を訪問して面倒を見たりする保育サービスを提供するなど、保育士の活躍の場は様々に広がってきています。