幼稚園教諭のやりがい・楽しさ・魅力

  
幼稚園教諭は、子どもの成長を感じられるとき、やりがいを感じます。

子ども自身も「○○ができるようになった!」と自信をもってくれたり、保護者からも感謝されるともっと頑張ろうという気持ちが沸いてきます。

また、子どもたちにとっては、保護者や身の回りの人から離れて、はじめて身近に接する大人のため「一緒に遊ぼう」と声を掛けられたり「先生と一緒がいい」と自分を必要としてくれたりしたときは、心から嬉しいと感じます。

さらに、ダンスを踊ったり読み聞かせなど、幅広いジャンルの仕事を行うため、毎日違った仕事を経験したいという人には魅力的な職業です。

この記事では、幼稚園教諭のやりがい・楽しさ・魅力について解説します。

幼稚園教諭のやりがい・楽しさ

子どもの成長を感じられるとき

幼稚園教諭は、子どもの成長を感じられる仕事です。

毎日同じ流れで子どもと関わっていても、子どもは

  • 昨日までできなかったことができるようになった
  • お友達とかかわることが苦手だった子が仲良く遊べるようになった

など、毎日いろいろな発見があります。

このように子どもの成長が感じられ、子ども自身も「○○ができるようになった!」と自信をもってくれることは、非常にうれしいことです。

また、子どもの成長を一番感じるのは保護者です。

たとえば、

  • 幼稚園に行きだしてから○○ができるようになりました
  • 先生が○○を教えてくれてから家でもしてくれるようになりました

と幼稚園での成果を評価する言葉がもらえたときはやりがいを感じます。

また、保護者の方から「幼稚園に行って良かったです」「ありがとうございます」という言葉をあずけるともっと頑張ろうという気持ちが沸いてきます。

幼稚園教諭の仕事内容

行事が成功したとき

幼稚園は季節に応じた行事やイベントが多く、その一つひとつが無事に終わり成功したときは非常に嬉しいです。

行事を行うまでの準備は大変で、行事の何か月も前から夜遅くまで仕事をしたり、もち帰りの仕事をしたりすることもあります。

運動会など、子どもと一緒に仕上げていく行事になると大変さはさらに増加します。

そんな苦労や困難を乗り越えて行事が成功した時は、何とも言えない程の達成感・やりがいがあります。

子どもから必要とされるとき

子どもが自分を必要としてくれることは、幼稚園教諭の大きなやりがいです。

「一緒に遊ぼう」と声を掛けられたり「先生と一緒がいい」と自分を必要としてくれたりしたときは、心から嬉しいと感じます。

子どもたちにとっては、保護者や身の回りの人から離れて、はじめて身近に接する大人のため、幼稚園教諭の接し方により信頼関係には大きな影響が出ます。

そのため、ときには厳しく指導しながらも、優しく暖かく接することが大切で、自分の愛情が子どもたちに伝わったと感じるときは幼稚園教諭になってよかったと感じることでしょう。

幼稚園教諭の魅力

幼稚園教諭は、さまざまな仕事を担います。

遠足のときには子どもを引率するツアーコンダクターとしての役割を果たしますし、運動会や発表会ではイベンターと同じく企画や運営を行います。

また、行事では鬼やサンタなどに変装したり、ダンスを踊ったり読み聞かせをしたりと、実に幅広いジャンルの仕事を行います。

さらに、ときには保護者の代わりとなって子どもたちに愛情を注ぐ役目もあり、これほどさまざまな仕事を一人で担うのは、幼稚園教諭以外にはなく毎日違った仕事を経験したいという人には非常に魅力的でしょう。

その分大変な仕事ではありますが、こうした仕事が直接子どもたちの感動や成長に結びつくため、非常にやりがいのある仕事でもあります。

「幼稚園教諭のやりがい・楽しさ・魅力」のまとめ

幼稚園教諭のやりがい・楽しさとして、子どもの成長を感られるとき、行事が成功したとき、子どもから必要とされるときが挙げられます。

幼稚園教諭の魅力として、仕事が直接子どもたちの感動や成長に結びつくことが挙げられます。