大学職員の求人状況・新卒採用はどれくらいある?

大学職員の就職先にはどんなところがある?

大学職員の就職先としては、大学法人での総務部や経理部、学生課や国際交流課などの各部署、付属の研究センターや博物館、図書館、病院などが挙げられます。

また、各研究室や医局などが直接採用するケースもあり、そこも大学職員の就職先となります。

学生や研究者、教授など学内の人と接する業務もあれば、一般企業の事務のように表に出て外部の人と接触をしない事務職もあります。

正職員として採用された場合、ポジションや業務場所などは定期的に異動しながらいろいろな業種や部署を経験することになりますが、それ以外の採用の場合は採用された場所で勤務することになるケースがほとんどです。

希望やイメージする仕事内容や部署がある場合は、注意が必要です。

大学職員の求人の状況

大学職員は、教育現場で働けるという社会的な信頼の高さや安定感、外的イメージの良さなどから、人気の職業となっています。

国公立大学にしても私立大学にしても、例年新しい職員の募集がありますし、欠員が出たり増員があったりした場合には年度の途中などでも募集がかかることがあります。

大学職員が担当する仕事内容は幅広く、「事務系」と「技術系」に分かれて募集をしていることもあります。

「事務系」の仕事内容は、主に総務・人事・研究協力・国際交流・財務会計・学生支援などに携わることです。

また、大学等に附属する図書館に配属されて図書業務を行う人もいますが、この場合は司書の資格が必要なため別区分で募集することが多いようです。

「技術系」の仕事内容は、研究棟の施設や設備の設計・工事の発注、学内のWebシステムの構築などです。また、研究や実験の技術的なサポートをする場合もあります。

大学職員の就職先の選び方

大学職員の正職員としての新卒募集は、毎年少なくて数名程度、多くても数十名ということがほとんどです。

それに対して一次試験の申込者数は数百名~数千名にのぼるため、倍率が上がり、厳しい競争が繰り広げられることになります。

毎年の倍率は公式には発表されていませんが、応募者が多いことから、新卒での正職員採用枠はかなりの狭き門となっていることは間違いないでしょう。

大学職員の志望動機・面接

正職員としての採用面接なのか、非常勤やパートとしての採用面接なのかによって、対策や心構え、また採用後の働き方は大きく変わってくるといえます。

なぜなら、正職員として大学法人に採用される場合、配属先や担当の業務などは採用後にしかわからないからです。

志望動機や目標などとして、面接試験の際に質問があることが想像されますが、初めから採用場所が決まっている非常勤やパート採用の試験と、どこに配属されるかわからない正職員の採用面接では、想定しておくべき質問や答えが変わって来るでしょう。

正職員の場合は、大学勤務を通して大きく自分はどのような大学作りに貢献ができるか、また大学職員像を思い描きながら志望動機を述べることができるでしょう。

一方、採用場所が決まっている非常勤の場合は、そこでの業務に関して自分はどのようにスキルを生かして仕事に携わっていくつもりなのか、自身のキャリアや経験と絡めて志望動機まで話ができるとよいアピールになるでしょう。

大学職員の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

大学職員の求人は、新聞や大学のインターネットサイトなどでいつもどこかの募集がかかっていることが多いでしょう。

一方で、医局や部署、特定の研究室などで募集をかける場合は、空きが出たり増員が決まった場合などにその穴埋めのため、求人を出すケースが多く、ハローワークや新聞などを通じての募集がみられます。

また、転職エージェントや派遣会社、紹介予定派遣の仲介企業なども表に出ていない求人情報をもっていることがありますので、そのような専門の人材サービスを利用するのも有効です。

また、急いで就職先を大学職員に絞って探さなければいけないといったような状況でなく、比較的条件や希望を優先してゆっくりと探せる場合は、こまめにインターネットの求人サイトをチェックし、求人状況を観察するのもおすすめです。